青年NGO、宗教的不寛容に対処する取り組みを呼びかけ(ガーナ)

(転載: ガーナのニュース。 12 年 2023 月 XNUMX 日)

By ガーナ通信社

タマレに本拠を置くNGO、青少年育成と声イニシアチブ(YOVI)は、政府やその他の関係者に対し、平和共存に向けて北部地域の宗教的不寛容に対処する取り組みを強化するよう呼び掛けた。

YOVIは、平和の追求に関わるすべての利害関係者に対し、対話と寛容を優先し、地域の永続的な平和、調和、発展につながる環境を促進するために緊張の根本原因に対処するために協力するよう訴えた。

YOVIは、平和の追求に関わるすべての利害関係者に対し、対話と寛容を優先し、地域の永続的な平和、調和、発展につながる環境を促進するために緊張の根本原因に対処するために協力するよう訴えた。

毎年12月XNUMX日に行われる国際青年デー(IYD)を記念して、YOVIが発行し、事務局長フセイン・ラーマン氏が署名し、ガーナ通信社にコピーして青少年への注意を喚起する声明。今年の IYD のテーマは「持続可能な世界に向けた青少年のためのグリーン スキル」でした。

声明は、「私たちYOVIは、タマレの一部の若いイスラム教徒学者の間で攻撃的な批判につながる宗教的不寛容の最近の出来事を深い懸念をもって観察している。これは緊張を高め、北部地域の平和の追求を妨げる可能性がある」と述べた。

「私たちは北部地域の宗教の多様性を認め、尊重していますが、狂信者による攻撃的な宗教批判の伝播は見当違いであり、平和の追求にとって逆効果であると強く信じています。 平和は分裂や他人への自分の信念の押し付けによってではなく、理解、尊重、対話によって達成されます。」

同会議は、平和と開発の重要な関係を認識し、北部地域平和評議会、地域安全評議会、伝統当局、宗教指導者、青少年団体を含むすべての関係者に対し、結集して地域社会の平和構築を促進するための平和構築努力を優先するよう呼びかけた。地域の経済変革。

キリスト教徒とイスラム教徒の両方を含むすべての宗教指導者に対し、包括性、寛容、宗教間の対話の雰囲気を促進するよう求めた。

声明はさらに、北部地域平和評議会、地域安全評議会、伝統当局、青少年団体に対し、対話、和解、平和教育のためのプラットフォームを構築するために協力するよう求め、「これには地域社会との関わりや、緊張の他の根本的な原因への対処が含まれるべきである」と述べた。社会経済的格差、政治的疎外、歴史的不満などだ。」

同報告書は、持続可能な平和には総合的なアプローチが必要であることを認識することが不可欠であるとし、政府やその他の非国家主体に対し、特に地域の若者向けの雇用創出の取り組みを優先するよう求めた。

同報告書は、若者の高い失業率がフラストレーションや不満を生む可能性があり、宗教の違いに基づいて弱い立場の人々を勧誘して暴力を起こそうとする過激派分子がそれを利用する可能性があると指摘した。

キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

上へスクロール