国連は世界平和教育の日を宣言するよう促された

(転載: InDepthNews。 21年2021月XNUMX日)

アンワルル・K・チョウドリー大使

以下は、元国連事務次長兼上級代表であり、平和文化のための世界運動(GMCoP)の創設者であるアンワルル・K・チョウドリー大使による就任基調講演のテキストです。 UnityFoundationとPeaceEducationNetworkが事実上主催する第XNUMX回年次平和教育デー会議で。

ニューヨーク(IDN)—ユニティ財団の会長兼創設者であり、この最初の年次平和教育デー会議と平和教育ネットワークの議長であるビル・マッカーシーに、国連に国際平和を宣言させるという優れた目的で会議を開催してくれたことに感謝します。教育の日。 世界平和教育の日と呼ばれたほうがいいと思います。

私の心とペルソナに非常に近いテーマについての最初の基調講演者として、会議で講演するよう招待されたことを光栄に思います。

私が何度も述べてきたように、私の人生の経験は、私たちの存在の不可欠な要素として平和と平等を大切にすることを私に教えてくれました。 それらは人間の進歩にとても必要な善の前向きな力を解き放ちます。

平和は人間の存在に不可欠です。私たちが行うすべてのこと、私たちが言うすべてのこと、そして私たちが持っているすべての考えにおいて、平和の場所があります。 私たちは平和を別のものや遠いものとして孤立させてはなりません。 平和の欠如は、私たちが自分自身をより良くし、自分自身を準備し、私たちの人生の課題に個別にそして集合的に立ち向かう力を与えるために必要な機会を奪うことを認識することが重要です。

XNUMX年半の間、私の焦点は、平和と非暴力を私たち自身の一部、私たち自身の人格、つまり人間としての私たちの存在の一部にすることを目的とした平和の文化を前進させることにありました。 そして、これは私たち自身がより効果的に貢献して内面と外面の平和をもたらす力を与えるでしょう。

これは、女性、若者、子供に特に重点を置いて、世界中で、すべての年齢のための私の擁護の自己変革の側面の中核です。 この認識は、私たちの惑星と私たちの人々の両方を破壊している軍国主義と軍国主義がますます増大する中で、今やより適切になっています。

人の心の平和に関する国際会議は、1989年にコートジボワール/アイボリーコーストのヤムスクロで開催されました。基調講演者としても会議。 それは、価値観と行動の変化を促進することを目的とした平和の文化の概念を後押しし、プロフィールを与えるための画期的な集まりでした。

13年前の先週の1999年22月XNUMX日、国連は、境界、文化、社会、国家を超えた記念碑的な文書である平和文化に関する宣言と行動計画を採択しました。

国連総会によるこの歴史的な規範設定文書の採択につながったXNUMXか月にわたる交渉の議長を務めることができて光栄でした。 その文書は、平和の文化に内在するのは、一連の価値観、行動様式、そして生き方であると主張しています。

国連文書に明記されている重要なメッセージの重要な側面は、「平和の文化は個人的、集団的、制度的変革のプロセスである…」「変革」がここで重要な関連性を持っていることを効果的に主張しています。

平和の文化の本質は、包摂性と世界的な連帯のメッセージです。

平和の文化には私たちの心の変化、私たちの考え方の変化が必要であることを覚えておくことが基本です。 それは、単純な生き方、私たち自身の行動の変化、私たちがお互いにどのように関係するかを変えること、私たちが人類の一体性とどのようにつながるかを変えることによって内面化することができます。 平和の文化の本質は、包摂性と世界的な連帯のメッセージです。

持続可能な開発目標(SDGs)番号2030における国連の持続可能な開発のための4.7アジェンダには、とりわけ、持続可能な推進に必要な知識とスキルの一部として、平和と非暴力の文化の促進、および地球市民権が含まれています。発達。

また、国際社会に対し、2030年までにすべての学習者がそれらを取得できるようにすることを求めています。これに焦点を当て、国連の平和文化の2019周年を記念する20年の国連ハイレベルフォーラムのテーマは「文化平和の—人類に力を与え、変革する」は、今後XNUMX年間の前向きで刺激的なアジェンダを目指しています。

2008年の出版物の紹介で 「平和教育:平和文化への道」、 私は次のように書いています。「マリア・モンテッソーリが適切に表現したように、暴力的な生き方を望む人々は、若者にそのための準備をさせます。 しかし、平和を望んでいる人々は彼らの幼い子供や青年を無視しており、そのように彼らを平和のために組織することはできません。」

ユニセフでは、平和教育は非常に簡潔に次のように定義されています。 紛争を平和的に解決するため。 そして、対人関係、グループ間、国内または国際レベルであるかどうかにかかわらず、平和を助長する条件を作り出すこと」。

平和教育は、平和の文化を創造する上で不可欠な要素として、世界のすべての地域、すべての社会および国で受け入れられる必要があります。

平和教育は、平和の文化を創造する上で不可欠な要素として、世界のすべての地域、すべての社会および国で受け入れられる必要があります。 それは根本的に異なる教育に値します—「戦争を美化するのではなく、平和、非暴力、そして国際協力のために教育するもの」。 彼らは、自分自身と自分たちが属する世界のために平和を創造し育むためのスキルと知識を必要としています。

私たちが世界について学び、その多様性を理解することがこれまで以上に重要になったことはありません。 互いに関係するための攻撃的でない手段を見つけるように子供と若者を教育するという仕事は、最も重要です。

すべての教育機関は、学生が充実した生活を送るだけでなく、責任感があり、意識があり、生産的な世界の市民になるための機会を提供する必要があります。 そのために、教育者は、すべての若い心に平和の文化を育む、全体論的で力を与えるカリキュラムを導入する必要があります。

確かに、これはより適切に呼ばれるべきです 「地球市民のための教育」。 そのような学習は、平和の文化への道を導く、善意の、持続的で、体系的な平和教育なしには達成することができません。

私たちの心をコンピューターに例えることができれば、教育は私たちの優先事項と行動を暴力から離れて平和の文化に向けて「再起動」するためのソフトウェアを提供します。 平和教育のためのグローバルキャンペーン この目的に向けて有意義な方法で貢献し続けており、私たちの継続的な支援を受けなければなりません。

私たちの心をコンピューターに例えることができれば、教育は私たちの優先事項と行動を暴力から離れて平和の文化に向けて「再起動」するためのソフトウェアを提供します。 平和教育のためのグローバルキャンペーンは、この目的に向けて有意義な方法で貢献し続けており、私たちの継続的な支援を受けなければなりません。

このため、幼少期は私たちに戦争文化から平和文化への移行の種を蒔くユニークな機会を与えると私は信じています。 子供が人生の早い段階で経験する出来事、この子供が受ける教育、そして子供が没頭するコミュニティ活動と社会文化的考え方はすべて、価値観、態度、伝統、行動様式、および生き方にどのように貢献するか発展させる。

私たちはこの機会の窓を利用して、各個人が幼い頃から平和と非暴力の代理人になるために必要な基本を植え付ける必要があります。

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア博士は、個人の役割をより広い世界的目標に結び付け、「個人の関心の狭い範囲を超えて、すべての人類のより広い関心に立ち上がることができるまで、個人は生き始めていません」と断言しました。 平和の文化に関する国連行動計画は、個人の自己変革のこの側面に特別な注意を払っています。

この文脈において、私は、特に女性が、暴力に満ちた社会において平和の文化を促進し、それによって永続的な平和と和解をもたらす上で重要な役割を果たすことを繰り返し述べたいと思います。 女性の平等は私たちの惑星を安全で安心なものにします。 女性が男性と同じレベルで平和の文化を推進することに従事しない限り、持続可能な平和は私たちを逃れ続けるだろうというのが私の強い信念です。

平和がなければ開発は不可能であり、開発がなければ平和は達成できませんが、女性がいなければ平和も開発も考えられないことを常に忘れてはなりません。

平和のための取り組みは継続的なプロセスであり、平和の文化は、XNUMX世紀の国連の目標と目的を実現するための絶対的に最も重要な手段であると私は確信しています。

結論として、若者たちが自分らしくなり、多様性への理解、寛容、尊重、そして他の人類との連帯が埋め込まれた、自分自身の性格、自分自身の個性を構築することを奨励する必要があることを、皆さんに最も真剣に促します。 。

それを若者に伝える必要があります。 これは私たちが大人としてできる最低限のことです。 私たちは本当の意味で彼らに力を与えるためにあらゆることをしなければなりません、そしてそのような力は一生彼らと一緒にとどまるでしょう。 それが平和文化の意義です。 それは、人々を変革し、平和を維持する力を与えることなく、ある地域やコミュニティ間の紛争を解決するような一時的なものではありません。

私たちにお知らせ - はい、私たち全員 - 人類の利益のために、私たちの惑星の持続可能性のために、そして私たちの世界をより住みやすい場所にするために、平和の文化を受け入れてください。 

最初にコメントする

ディスカッションに参加する...