「危機ナショナリズム」のウイルス

COVID-19のような共有された世界的危機へのナショナリストの対応に取り組む上で、平和と国際市民教育はどのような役割を果たすことができるでしょうか? 

WernerWintersteiner著

「自然をマスターしますか? 私たちはまだ私たち自身の自然をコントロールすることができません。その狂気は私たち自身の自制心を失いながら自然を支配することを私たちに強います。 […]私たちはウイルスを殺すことができますが、私たちを罵倒し、突然変異や更新を受ける新しいウイルスの前では無防備です。 バクテリアやウイルスに関してさえ、私たちは生命と自然との取引を強いられています。」 -エドガー・モラン1

「人類は選択を迫られる。 不一致の道を歩むのか、それとも世界的な連帯の道を選ぶのか?」 –ユヴァル・ノア・ハラリ2 

「危機ナショナリズム」

コロナ危機は私たちに世界の状況を示しています。 これは、グローバル化がこれまでのところ、相互の連帯を伴わない相互依存をもたらしてきたことを示しています。 ウイルスは世界的に広がっており、それと闘うには、さまざまなレベルでの世界的な取り組みが必要です。 しかし、州は国家のトンネル ビジョンに反応します。 ここで(ナショナリストの)イデオロギーは理性に打ち勝ち、時には限られた経済的または健康政策の理性に勝ちます。 自称「平和大国ヨーロッパ」である欧州連合でさえ、結束感はありません。 「加盟国は危機的ナショナリズムに取り憑かれています」と、オーストリアのジャーナリスト、ライムンド・レーヴは非常に適切に述べています。3

対照的に、グローバル・シチズンシップの視点は、地球規模の危機に適しています。 これは、存在すらしない幻想的な「グローバルな視点」を意味するのではなく、「系統的なナショナリズム」(ウルリッヒ・ベック)を放棄し、少なくとも問題。 それはまた、判断と行動において「アメリカ第一、ヨーロッパ第一、オーストリア第一」(など)の態度を放棄し、指針としてグローバルな正義を採用することを意味します。 聞きすぎでしょうか? これは、私たちが国家として、国家として、あるいは大陸として、地球規模の課題に直面したとき、個人として自分自身を救うことはできないという洞察に他なりません。 したがって、グローバルな思考とグローバルな政治構造の両方が必要です。

これらの同一性反射に対抗することは決して容易ではなかったということは、劇中でよく示されています。 Der Weltuntergang (世界の終わり) (1936)オーストリアの詩人ユーラゾイファーによる。 ナチズムの台頭を背景に、彼は絶対的な脅威、すなわち人類の絶滅の危険性のシナリオを描きます。 しかし、人々はどのように反応しますか? XNUMXつのフェーズを特定できます。最初の反応は拒否であり、次にパニックになり、最後に(ほとんど意味のない)行動主義です。4 第一に、政治家は科学の警告を信じていません。 しかし、大惨事が紛れもなく近づくにつれ、連帯は見られないので、結局、一緒になって危険を回避できるかもしれません。 州間でも、個々の社会内でもありません。 むしろ、最も裕福な人々は、「最悪の債券」を発行し、個人を救うために非常に高価な宇宙船に投資することによって、この状況から再び利益を得ています。 結局のところ、奇跡だけが運命を回避することができます。 地球を破壊するために送られた彗星は、それを愛し、それゆえそれを惜しまない。 この劇は間接的ですが、グローバルな連帯への非常に緊急のアピールです。

もちろん、今日では、すべてが完全に異なります。 COVID-19の危機は世界の終わりではなく、ほとんどの政府は、ウイルスの拡散を遅らせるために必要なすべての措置を講じ、対抗部隊を構築できるようにあらゆる努力をしています。 そしてオーストリアでは、その影響を社会的に、そして世代的に緩和するための努力が払われています。 ただし、特にこのような例外的な状況では、日常生活に完全に対処することに没頭してはなりません。 これまで以上に、批判的観察と批判的思考が必要です。 結局のところ、コロナウイルスは、通常では考えられない基本的人権を突然制限することを可能にします。

しかし、特にこのような例外的な状況では、私たちは日常生活に完全に対処することに夢中になってはなりません。 これまで以上に、批判的観察と批判的思考が必要です。

たとえば、自問自答することができます。すべてがユーラ・ゾイファーの演劇とは本当にまったく違うのでしょうか。 詩人が説明する行動(否定、パニック、行動主義)を気候危機からまだ知らないのですか? これまで気候変動を効果的に抑制することを妨げてきた過ちが、現在の危機で繰り返されないようにするために、私たちは何をしているのでしょうか。 とりわけ:私たちの自慢の「共通の地上の運命」を考えると、私たちの連帯はどこにありますか? ある点で、私たちの現実は演劇とは非常に明確に異なっているからです。奇跡が私たちを救うことはありません。

狭い (全国的またはヨーロッパ中心的な) トンネル ビジョンの劇的な影響が、いくつかの例で示されます。

認識:「中国ウイルス?」

流行がイタリアに広がったとき、私たちはグローバル化が複雑な相互依存を意味することを思い出しました.貿易関係、生産チェーン、資本の流れだけでなく、ウイルスの相互依存.

狭い視野はすでに問題に対する私たちの認識を曇らせています。 数ヶ月とは言わないまでも数週間、コロナの流行を観察することができましたが、私たちはそれを周辺にのみ影響を与える中国の事件として却下しました。 (もちろん、中国政府による最初の隠蔽の試みもこれに貢献しました)。 トランプ大統領は現在、元々「外国のウイルス」と呼んでいた「中国のウイルス」について非常に具体的に語っています。5 そして、病気の発生に関する最初の「説明」、つまり中国人の疑わしい食習慣と野生市場の劣悪な衛生状態を思い出しましょう。 道徳的で人種差別的なアンダートーンは無視できませんでした。 流行がイタリアに広がったとき、私たちはグローバル化が複雑な相互依存を意味することを思い出しました.貿易関係、生産チェーン、資本の流れだけでなく、ウイルスの相互依存. しかし、私たちの工場式畜産の方法がすでに一定の規則性で流行を引き起こし、抗生物質に対する細菌の耐性を促進しているという事実に注意したくありません。 、したがって、私たちの生活様式全体が、地球規模で既存のリスクを増大させます。

アクション:解決策として「すべての人が自分のために」?

コロナは、気候危機に関する最初の真にグローバルな議論の際に、昨年すでに指摘されたことをもう一度確認しました。グローバルな脅威が自動的にグローバルな連帯につながるわけではありません。 すべての危機において、私たちは原則として対応します。つまり、「一緒に固執する」というモットーではなく、「すべての人が自分自身のために」という格言に従って、他のメカニズムを以前に確立していない場合です。 したがって、ほとんどの州が国境閉鎖をコロナの蔓延を食い止めるための最初の最も効果的な手段であると考えたのも不思議ではありません。 医療システムは全国的に組織されており、他に利用可能な手段がないため、国境閉鎖は合理的な選択であると言えます。 それは真実ですが、それは真実のすべてではありません。 国境を全面的に閉鎖する代わりに、影響を受けた「地域」を隔離し、健康リスクのみに基づいて、つまり必要に応じて国境を越えて隔離する方が賢明ではないでしょうか。 これが現在不可能であるという事実は、結局のところ、私たちの国際システムがどれほど不完全であるかを示しています。 私たちは地球規模の問題を作り出しましたが、地球規模の解決のためのメカニズムを作っていません。 世界保健機関 (WHO) がありますが、その権限はほとんどなく、加盟国からの資金提供はわずか 20% であり、したがって、製薬会社を含む民間のドナーに依存しています。 コロナ危機におけるこれまでのその役割は物議を醸しています。 また、EU の加盟国でさえ、汎ヨーロッパの医療システムをある程度開発できたわけではありません。 健康政策は国の権限です。 そして、2001 年に採択された EU の市民保護メカニズムのための適切な構造が作成されていません。そのため、私たちは「難民危機」のときと同じように対応し、国境を閉鎖しています。 しかし、ウイルスに対しては、逃走中の人々よりもさらに効果がありません。

(全国的な)エゴイズムはさらに進んでいます。 特別な例は、おそらくオーストリアのチロルのウィンタースポーツエリアの場合です。 明らかに、チロルの観光産業と保健当局の遅刻は、いくつかの国で雪玉効果を引き起こしている国際的なスキーヤーの数十の感染の原因となっています。 救急医、アイスランド保健当局、ロベルトコッホ研究所の警告にもかかわらず、スキーはすぐに止められず、ゲストは孤立していませんでした。 その間、裁判所はすでに事件に対処している。 「ウイルスは、見る人の目でチロルから世界に持ち込まれました。 これを認めて謝罪するのは遅れるだろう」とインスブルックのホテル経営者は非常に正しく言った。6 したがって、彼はオーストリアの国際的責任、つまり世界的な連帯の考えに取り組む数少ない人物の一人です。

オーストリアが共有するこの国の孤立の態度の私たち自身への悪影響は、2020年XNUMX月中旬の危機の週の間に明らかになりました:抗議の後に解除された医療機器のドイツの輸出禁止は、緊急に必要とされ、すでにXNUMX週間防止されましたオーストリアへの輸入からの材料の支払い。7 さらに深刻なのは、私たちの国が EU (近隣) 諸国からの介護者に依存している高齢者や病気の人々の在宅ケアの状況です。 しかし、国境の閉鎖により、彼らは通常の方法で職務を遂行することができなくなりました。

その間、明らかにそれ自体が緊急操作に切り替わった欧州連合は、少なくともEU内の医療機器の貿易が再び完全に自由化され、同時に欧州連合からの輸出が制限されていることを達成しました。8。 学習プロセス? おそらく。 しかし、これは最終的には国内のエゴイズムではなく、ヨーロッパのエゴイズムではないでしょうか。 そして、国際連帯の試練は、アフリカがコロナの影響をより強く受けたときにのみやってくるでしょう!

ヨーロッパの連帯の欠如はイタリアに最悪の影響を及ぼしました。 欧州連合の国々は、イタリアよりも遅れて影響を受けましたが、最も長い間自分たちに夢中になっています。 「EUは必要な時にイタリアを放棄しています。 恥ずべき責任の放棄で、欧州連合の仲間の国々は、発生中にイタリアに医療援助と物資を提供することができませんでした」と米国のジャーナルの解説は述べています 外交政策、米国がイタリアの支援要請を無視したことは言うまでもありません。9 一方、中国、ロシア、キューバは医療関係者や設備を派遣している。 中国はまた、EUによって取り残されているセルビアなどのヨーロッパ諸国を支援しています。 これは、一部のメディアによって中国の権力政治として解釈されています。10 たとえそうであったとしても、EU は候補国を支援する権限も持っているでしょう!

アイルランドの島でも奇妙な状況が発生しており、ブレグジットがまだ完全に完了していない限り、共和国と北アイルランドの英国の国境は日常生活では認識できません。 コロナでは、これが変わりました。 しばらくの間、ダブリンは、ほとんどのEU加盟国と同様に、接触に厳しい制限を導入しました。英国のボリスジョンソン首相は、これが最も長い間必要であるとは考えておらず(「集団免疫」のイデオロギー)、北アイルランドでも学校を開いたままにしました。 これにより、オーストリアのラジオ(ORF)特派員は、次のコメントをするようになりました。 […]」コロナウイルスでは、アイデンティティ自体が地理を超えているようです。 目に見えない境界線が子供たちが学校に行くかどうかを決定するのは奇妙です。11

ネグレクト: 他に誰が難民について話している?

オーストリア政府が取ったすべての措置が、どれほど賢明であれ、社会で最も貧しく無法な人々についてほとんど言及されていないことは驚くべきことである. 、および感染の際に特に危険にさらされる可能性が高い人。 亡命と移民は、メディア報道の背景に後退しています。 レスボス島の難民の悲惨さは、EU 内でもありますが、私たちは自分自身で忙しくしているので、毎日のニュースから押し出されているようです。 ドイツなどの州は、つい最近まで同伴者のいない若者や家族を受け入れる用意があると宣言していたが、プロジェクトを延期した。 そして、オーストリアはとにかくこのイニシアチブに参加することを望んでいませんでした。 ギリシャの難民キャンプからの避難を求める国連難民機関やヨーロッパの市民社会による緊急の訴えでさえ、これまでのところ聞かれませんでした。12 危機において、国家のエゴイズムは特に致命的な結果をもたらしています。 作家のドミニク・バルタは、コロナ危機の場合の市民権の欠如が実際に何を意味するかを鮮やかに示しています。

「コロナウイルスで死亡したミラノ市民は、彼の国で、できる限り長くイタリア語を話してくれた疲れ切った医師の手の下で亡くなっています。 彼は彼のコミュニティに埋葬され、彼の家族によって悼まれます。 レスボス島の難民は、医者に診てもらうことなく死んでしまいます。 彼の家族から遠く離れて、彼らが言うように、彼は滅びます。 収容所からビニール袋に入れられて連れ去られる名も無き死人。 シリア人、クルド人、アフガン人、パキスタン人、またはソマリ人難民は、彼の死後は死体となり、個人の墓に入れられることはありません。 仮にあったとしても、彼は匿名の一連の統計に含まれます。 […] 私たちヨーロッパ人は、特に危機の時代に、完全に権利を剥奪された存在のスキャンダルを感じますか?」13  

自慢:コロナとの「戦争」?

世界中の政府がコロナウイルスに対して「宣戦布告」を行っています。 中国は、習近平国家主席のスローガンで「戦場の最前線で党の旗を高く掲げよう」というスローガンでスタートを切った。14 さらにいくつかのサンプル: 「韓国はコロナウイルスに対して「戦争」を宣言」; 「イスラエルはコロナウイルスと検疫訪問者に対する戦争を訴える」; 「コロナウイルスに対するトランプの戦争は機能している」など。 フランスのマクロン大統領:「私たちは戦争、健康戦争、気をつけてください、私たちは目に見えない敵と戦っています. …] そして、私たちは戦争状態にあるため、政府と議会のすべての活動は、流行との闘いに向けられなければなりません。」15 アントニオ・グテーレス国連事務総長でさえ、この語彙は状況の深刻さに注意を引くために使用されるべきであると信じています。16

この言語の軍事化は、パンデミックとの闘いという大義にはまったくふさわしくないが、それでも機能はある。 一方で、市民の自由を制限する抜本的な措置に対する社会的受容を高めることを目的としています。 戦争では、そのようなものを受け入れる必要があります。 第二に、それはまた、ウイルスを完全に制御できるという幻想を生み出します。 戦争は勝つために戦うものだからです。 「私たちは勝利し、以前よりも道徳的に強くなります」と、例えば、彼の社会政策のために厳しい国内政治的圧力にさらされているマクロンは、誇らしげに発表しました. ウイルスが定着し、私たちはおそらく永久にこのウイルスと共存しなければならないだろうと彼は言いません。

戦争について話すことは、国境を閉鎖することについて話すようなものです。 どちらも、過小評価してはならない象徴的な意味を持っています。 それは国家主権の復活を祝うものです。 経済のグローバル化により、各国政府は国内の経済発展に与える影響がますます少なくなり、機密解除、失業、生活の劇的な変化に対する市民の保護を提供できなくなっています。 コロナによって、私たちは政治の再国有化を経験しており、それによって政府の新しい範囲が生まれています。 そして、彼らは勝ちたい戦争について話し、それによって彼らがどれほど強力であるかを宣言します。

答え:「政治的コスモポリタニズム」

上記のすべての国家的エゴイズムは、同時に、社会内での多大な有用性、友情、連帯だけでなく、国境を越えた支援によっても一致しています。 連帯を示すこの意欲は、さまざまな形で公の表現を見つけました。 しかし、国境を越えた政治構造と「体系的なナショナリズム」の欠如は、現在でも、連帯を示すこの意欲が対応する世界的な有効性を達成することを妨げています。 この文脈において、コロナ危機における医学の壮大な世界的協力は、世界的な連帯の可能性が今日すでに利用可能であることを示しています。 また、州レベルより下の地域の協力も明らかに機能しています。深刻な影響を受けたフランスのアルザスからの患者は、隣接するスイスまたはバーデンヴュルテンベルク(ドイツ)に運ばれました。17

一貫して作る数少ない人の一人が 全体的な コロナを抑制するための政策提案は、億万長者のビル・ゲイツであり、すでにXNUMX月に(私たちの多くがまだスコットランドから離れることを望んでいたとき)、 ニューイングランド·ジャーナル·オブ·メディスン18 豊かな国々が貧しい国々を助けるべきだと要求した。 彼らの弱い医療制度はすぐに過負荷になる可能性があり、経済的影響を吸収するためのリソースも少なくなります。 医療機器、特にワクチンは、可能な限り高い利益で販売されるべきではありませんが、最初にそれらを最も必要とする地域で利用可能にされるべきです。 国際社会の助けを借りて、低中所得国(LMIC)の医療は、さらなるパンデミックに備えるために、構造的に高いレベルに引き上げられなければなりません。 ここでは、問題のある星座がほぼ古典的な方法で繰り返されています。つまり、民主主義と社会正義を主張する州は、大企業(およびその利益)にグローバルな関与を任せながら、狭いナショナリズムの政策を追求しています。 健康問題への取り組みが議論の余地のないビルゲイツ財団でさえ、ジャンクフードを生産する企業からの利益によって部分的に賄われています。19

これは、最強の一般的な法律を法の強さに置き換えるために、私たちの州内で適用される民主主義の原則を外交政策に適用することに他なりません。

現在の状況では、国の特別な道への批判は絶望的な道徳的魅力のように見えるかもしれません。 しかし、コロナが(もう一度)私たちに与える洞察は新しいものではありません。 すでに数十年前、カールフリードリヒヴァイツサッカーやウルリッヒベックのような科学者は「世界の国内政治」の概念を広めました。 これは、最強の一般的な法律を法の強さに置き換えるために、私たちの州内で適用される民主主義の原則を外交政策に適用することに他なりません。 この目的のために、適切な構造も作成する必要があります。 ドイツの哲学者ヘニング・ハーンはこれを「政治的コスモポリタニズム」と呼んでおり、これは既存の「道徳的コスモポリタニズム」を補完しなければなりません。20 「グローバルな人権体制の現実的なユートピア」を提唱しているのは彼だけではありません。 言い換えれば、世界社会の民主化、地球市民権のために働いている科学と市民社会の力はすでにそこにあります。 しかし、2012年に潘基文元国連事務総長が「地球市民権を育てなければならない」という訴えでこの方向性を世界の州に納得させようとしたにもかかわらず、彼らは依然として政治的重みが少なすぎる。21 私たちの特定のケースでは、これは、流行やパンデミックが発生した場合にグローバルな調整と相互支援を提供できるように、危機の時以外に、構造とメカニズムを作成するか、WHO などの既存のものを強化する必要があることを意味します。 これは、「すべての人が自分自身のために」という反射を実際に克服するためのサインです。 結局のところ、健康の専門家は遅くとも2015年のエボラ出血熱の危機で、次のパンデミックが発生するまで、それは問題であるかどうかではなく、いつ問題であるかだけであると警告しました。22

学習:「地球上にいる」

とはいえ、私たちはグローバリゼーションの恩恵を享受してきました。 気候危機と政治運動が 未来の金曜日 そうすることで、私たちは世界の貧しい人々の膨大な量を犠牲にして、そして将来の世代を犠牲にして生きていることを強く思い出させました。 ただし、この漠然とした洞察は、対応する結果にまだつながっていません。 「帝国の生活様式」(ウルリッヒブランド)をそんなに簡単に諦めたくはありません。 しかし、おそらく現在のパンデミックは私たちをより深い洞察に導くことができます。 結局のところ、私たちは気候変動との戦いに取り組むことを非常に躊躇している一方で、わずか数日で抜本的な対策を講じました。 したがって、私たちが一緒に行動する必要があるという理解は新しいものではありません。 30年前でさえ、ミラン・クンデラは「XNUMXつの世界」の陶酔感に対して警告しました。これは、最終的な分析では「世界リスク社会」にすぎません(ウルリッヒベック)。 。」23

同様の考察に基づいて、フランスの哲学者エドガー・モランは「共通の地球の運命」と「故郷の地球」という用語を作り出しました。 私たちは世界中でお互いに依存していることを認識しなければなりません。 今日、大きな世界の問題のための国家の特別な道はこれ以上あり得ません。 私たちが未来を持ちたいのなら、私たちは私たちのライフスタイル、私たちの経済、そして私たちの政治組織の根本的な変化を避けられないと、モーリンは主張しました。 国民国家を放棄することなく、国境を越えたグローバルな構造を構築する必要があります。 しかし、これは非常に重要ですが、これらの構造を生命で満たすために、異なる文化を開発する必要もあります。 「一般的な地上の運命」を真剣に受け止めるために、彼は言った:

「私たちは、地球上に「存在する」こと、つまり、存在すること、生きること、共有すること、コミュニケーションをとること、そして互いにコミュニケーションすることを学ぶ必要があります。 自己閉ざされた文化は、常にその知恵を知り、教えていました。 これからは、地球の人間として、生き、共有し、コミュニケーションし、コミュニケートすることを学ばなければなりません。 私たちは地域の文化的アイデンティティを排除することなく超越し、地球市民としての存在に目覚めなければなりません。」24

コロナ危機がこの洞察につながるのであれば、私たちはおそらくそのような大災害からできることを最大限に活用したことでしょう。


著者について

退職した大学教授 Dr. Werner Wintersteiner、オーストリアのクラーゲンフルトのアルペンアドリア大学の平和研究と平和教育センターの創設者であり、長年の所長でした。 彼は、クラーゲンフルト修士課程「国際市民教育」の運営グループのメンバーです。


免責事項

1エドガー・モラン/アン・ブリジット・カーン:故郷の地球。 ニューミレニアムのマニフェスト。 クレススキル:ハンプトンプレス1999、p。 144-145。

2 http://archive.is/mGB55

3 Der Falter 13/2020、p。 6。

4Cf。 https://www.wired.com/story/opinion-we-should-deescalate-the-war-on-the-coronavirus/ で、危機における非常に類似した行動を診断した社会学者のフィリップ・ストロングへの言及もある: https://www.wired.com/story/opinion-we-should-deescalate-the-war-on-the-coronavirus/

5 https://www.politico.com/news/2020/03/18/trump-pandemic-drumbeat-coronavirus-135392

6 Steffen Arora、Laurin Lorenz、Fabian Sommavilla in:The Standard online、17.3.2020。

7 https://www.wienerzeitung.at/nachrichten/politik/oesterreich/2054840-Deutschland-genehmigte-Ausfuhr-von-Schutzausruestung.html

8 NZZ、17. 3. 2020。

9 外交政策、14. 3. 2020、https://foreignpolicy.com/2020/03/14/coronavirus-eu-abandoning-italy-china-aid/

10 Eg Der Tagesspiegel、19。3. 2020:「コロナ危機において中国がヨーロッパで影響力をどのように確保しているか」。

11 Martin Alioth、ORF Mittagsjournal、17。3。

12たとえば、www.volkshilfe.atにあります。

13 Dominik Barta: Viren、Völker、Rechte [ウイルス、人々、権利]。 In: The Standard, 20. 3. 2020, p. 23.

14チャイナデイリー、zitiert nach: https://www.wired.com/story/opinion-we-should-deescalate-the-war-on-the-coronavirus/

1f https://fr.news.yahoo.com/ (独自の翻訳).

16 スピーチ「ウイルスに対する宣戦布告」、14 年 2020 月 XNUMX 日。 https://www.un.org/sg/en

17 Badische Zeitung、21年2020月184226003日。https://www.badische-zeitung.de/baden-wuerttemberg-nimmt-schwerstkranke-corona-patienten-aus-dem-elsass-auf–XNUMX.html

18 https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMp2003762?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=newsletter_axiosam&stream=top

19 https://www.infosperber.ch/Artikel/Gesundheit/Corona-Virus-Das-Dilemma-der-WHO

20ヘニング・ハーン:PolitischerKosmopolitismus。 ベルリン/ボストン:De Gruyter2017。

21 UNO Generalsekretär Ban Ki-moon、26 年 2012 月 2012 日、「グローバル教育ファースト」イニシアチブ (GEFI) の発足時。 https://www.un.org/sg/en/content/sg/statement/09-26-XNUMX/secretary-generals-remarks-launch-education-first-initiative

22 https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMp1502918

23 ミラン・クンデラ: Die Kunst des Romans。 フランクフルト: フィッシャー 1989、19。

24 モーリン 1999、注 1、p。 145.

閉じる
キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

ディスカッションに参加する...

上へスクロール