#持続可能な平和

青年NGO、宗教的不寛容に対処する取り組みを呼びかけ(ガーナ)

タマレに本拠を置くNGO、青少年育成と声イニシアチブ(YOVI)は、政府やその他の関係者に対し、平和共存に向けて北部地域の宗教的不寛容に対処する取り組みを強化するよう呼び掛けた。

青年NGO、宗教的不寛容に対処する取り組みを呼びかけ(ガーナ) 続きを読む»

Georg Arnhold International Summer Conference 2023: 教育的正義と持続可能な平和

ライプニッツ教育メディア研究所 | Georg Eckert Institute は、26 年 29 月 2023 日から XNUMX 日までドイツのブラウンシュヴァイクにある Leibniz Institute for Educational Media で開催される今年の Georg Arnhold International Summer Conference の論文募集を発表できることを嬉しく思います。

Georg Arnhold International Summer Conference 2023: 教育的正義と持続可能な平和 続きを読む»

Mie Roesdahl:「地元の平和構築者は持続可能な平和を構築するための中核です」

暴力的な紛争は歴史的な高さです。 紛争を防ぎ、平和を構築するための世界平和構築システムの努力にもかかわらず、それらは驚くほど高い割合で再発します。 Mie Roesdahlは、地元主導の平和構築のニーズを満たすことが、持続可能な平和を構築するためのアプローチになり得る理由を説明します。

Mie Roesdahl:「地元の平和構築者は持続可能な平和を構築するための中核です」 続きを読む»

東南アジアで10,000万本のモリンガの木を植え、平和教育の種を蒔く

12年2021月10,000日、平和教育マニプールセンター(インド)は、東南アジアにXNUMX本以上のモリンガの木を植えるキャンペーンを開始しました。 召集者のレバン・セルトは、平和教育のためのグローバルキャンペーン(GCPE)に尽力しました。 

東南アジアで10,000万本のモリンガの木を植え、平和教育の種を蒔く 続きを読む»

申請書の募集: ゲオルグ アーンホールド シニア フェロー 2021 – 持続可能な平和のための教育

このフェローシップは、GEI での最大 31 か月の研究滞在を伴うもので、平和教育の学者や実務家に、持続可能な平和のための教育の分野で仕事を行う機会を提供します。 申し込み締め切り:XNUMX月XNUMX日。

申請書の募集: ゲオルグ アーンホールド シニア フェロー 2021 – 持続可能な平和のための教育 続きを読む»

募集要項: 持続可能な平和のための教育担当シニアフェロー ゲオルグ・アーンホールド

ゲオルグ エッカート国際教科書研究研究所は、2020 年、持続可能な平和のための教育のためのゲオルグ アーンホールド シニア フェローの募集を発表できることを嬉しく思います。 申込締切:17年2019月XNUMX日

募集要項: 持続可能な平和のための教育担当シニアフェロー ゲオルグ・アーンホールド 続きを読む»

平和を持続可能にするものの特定:コロンビア大学のAC4チームとのQ&A

2014年、コロンビア大学の協力、紛争、複雑性に関する先進コンソーシアム(AC4)は、社会が平和を構築し維持することを可能にする属性、プロセス、およびメカニズムを明らかにするための研究に着手しました。 教育は重要な役割を果たします。

平和を持続可能にするものの特定:コロンビア大学のAC4チームとのQ&A 続きを読む»

南アフリカで平和を構築するための若者の運動

「平和による一片:持続可能な平和対話」は、23月XNUMX日に南アフリカのケープタウンでAfrica Unite(AU)とInternational Peace YouthGroupによって共催されました。 フォーラムのトピックは次のとおりです。私たち若者が政府と協力して、安全で平和なコミュニティを構築し、平和宣言と戦争の終結に祀られている平和の文化を作り出すにはどうすればよいでしょうか。

南アフリカで平和を構築するための若者の運動 続きを読む»

五大湖地域における平和教育のための全員参加

このインタビューでは、インターピースの五大湖プログラム コーディネーターであるイザベル ピーターが、ルワンダ、ブルンジ、コンゴ民主共和国 (DRC) の XNUMX か国での組織の平和教育イニシアチブについて語ります。 平和教育イニシアチブは、この地域の XNUMX つの地域組織と協力して実施された、インターピースの国境を越えた平和構築プログラムの一部です。

五大湖地域における平和教育のための全員参加 続きを読む»

持続可能な平和のための包摂的リーダーシップの学習

国内外に目を向けると、私たちの世界に浸透している紛争と緊張の高まりを経験しています。 政治的およびイデオロギーの断線に沿って分断された社会、大規模な人道的危機、大規模な地球規模の移住、暴力的過激主義、気候変動の否定と進歩的な行動、環境の悪化と種の絶滅、そして古い経済と変動する新しい経済。 要するに、これらは私たちの時代の課題であり、簡単な解決策のない邪悪な問題です。 私たちの中には、個人と世界を変える平和教育の力に希望を持っている人もいます。 その精神で、ここの読者層の教育者は次の質問をするかもしれません: 場所に基づいた体験学習に根ざし、グローバルなビジョンとイニシアチブにも関連する、生徒たちに深層学習体験をどのように作成しますか? 将来のリーダーが暴力や苦しみを緩和し、持続可能な平和を構築するために自分の仕事を捧げるよう促すにはどうすればよいでしょうか?

持続可能な平和のための包摂的リーダーシップの学習 続きを読む»

XNUMX 日目の要約: イージス平和教育コロキウム、キガリ大虐殺記念碑

平和への投資の重要性に焦点を当てたイージス・トラスト平和教育の 21 日間のコロキウムが 100 月 XNUMX 日に始まりました。 英国政府の資金提供を受け、この会議にはXNUMX人以上の地元および国際的な専門家が集まり、紛争や大量虐殺の防止における平和教育の役割について議論しました。 これは、世界クラスの平和教育に投資することにより、人類のチャンピオンの世代を構築するイージスの世界的な取り組みの一環です。

XNUMX 日目の要約: イージス平和教育コロキウム、キガリ大虐殺記念碑 続きを読む»

上へスクロール