#SDG4

平和と人権のための教育に関する世界的なコンセンサスを復活させるまたとない機会(ユネスコ)

ユネスコ総会は、人権と基本的自由に関連する国際理解、協力、平和と教育のための教育に関する1974年の勧告を改訂する提案を公式に承認しました。 改訂された勧告は、教育を通じた平和の促進のための国際基準を提供することに向けて、教育の進化した理解と平和への新たな脅威を反映するでしょう。 平和教育のためのグローバルキャンペーンは、改訂プロセスをサポートするテクニカルノートの作成に貢献しています。

社会的および感情的な学習を主流化するための事例

教育システム内で社会的および感情的学習(SEL)を主流化する必要性を強調する新しいレポートでは、SELに関する最新の研究、学生の健康と学校の気候への影響、およびより幸せな教室の構築におけるその変革的役割をレビューしています。

教育、持続可能な平和のためのビルディングブロック

持続可能な開発目標#4は、包括的で公平で質の高い教育と生涯学習の機会をすべての人に提供することを目指しています–
しかし、この目標を2年間追求した後も、「どのように」という問題が残っています。 国連は、この質問に答えるためにハイレベル会議を招集しました。 「質の高い教育へのアクセスは、それ自体が目標であるだけでなく、持続可能な平和、繁栄、発展のより良い世界を創造するための基本的な構成要素です」と、現在の総会議長のピーター・トムソンは開会式​​で述べました。

上へスクロール