#Japan

原爆の発明をどのように記憶すべきでしょうか?

クリストファー・ノーラン監督の『オッペンハイマー』は爆弾を再び世界に紹介しましたが、それが被爆者に何をもたらしたのかを彼は示しませんでした。 物語のその一部を伝えることは、同じ残酷な運命から私たちを救うことができる唯一のものかもしれません。 広島市立基町高等学校の持田京香さんとその教師の福本さんが、このギャップを解消するアートプロジェクト「原爆の絵」について語ります。

原爆の発明をどのように記憶すべきでしょうか? 続きを読む»

「人類は愚かではない」:92歳の広島原爆被爆者、平和教育を通じて核廃絶のために闘う

森下弘氏は 1963 年以来、高校生の原爆投下に対する意識調査を毎年実施し、教師仲間とともに平和教育のための副読本を作成し、定期的に更新してきました。

「人類は愚かではない」:92歳の広島原爆被爆者、平和教育を通じて核廃絶のために闘う 続きを読む»

受賞歴のあるシンガーソングライターで日本初の提唱アーティストが平和教育プロジェクトを立ち上げる

受賞歴のある日本のシンガーソングライターAiとラスティング・ピース・プロジェクトは、日本ユニセフ協会と協力し、日本の広島で開催されるG7サミットに合わせて平和教育プロジェクト「すべての子どもに持続する平和」を立ち上げる予定です。 。 21月XNUMX日にはスペシャルライブも開催される。

受賞歴のあるシンガーソングライターで日本初の提唱アーティストが平和教育プロジェクトを立ち上げる 続きを読む»

9人の日本人学生がパンデミックから生まれた平和を推進するホロコースト展示会を主催

日本の学生たちは、パンデミックの最中に若者が直面した逆境がホロコーストの不正に対する彼らの見方にどのように影響したかに焦点を当てた展示会を開催しました。

9人の日本人学生がパンデミックから生まれた平和を推進するホロコースト展示会を主催 続きを読む»

説明責任は不処罰を克服する

ケニアでの最近の判決で証明されているように、女性に対する犯罪に対する免責は、免責を説明責任に置き換えるために動員されている世界的な女性運動によって挑戦されています。 この記事では、不処罰の問題と、市民の行動を通じて説明責任を追求する上での平和教育の役割を探ります。

説明責任は不処罰を克服する 続きを読む»

日本はアフリカの平和教育のために500,000万米ドルを拡大

日本政府は、エチオピアおよびアフリカの残りの地域で平和教育を促進するために 500,000 米ドルを提供するプロジェクト契約に署名しました。 5,000 か国の約 26 人の教師が、平和教育のための革新的な教育法について訓練を受けます。

日本はアフリカの平和教育のために500,000万米ドルを拡大 続きを読む»

共感のための学習:教育を通じて平和を構築するための世界的な取り組み

ユネスコのプロジェクト「共感のための学習:教師の交換と支援プログラム」は、文化の多様性の認識と平和と非暴力の文化の促進を強調する持続可能な開発目標に関連する社会変革の主要な影響力者として教師を対象としています。

共感のための学習:教育を通じて平和を構築するための世界的な取り組み 続きを読む»

上へスクロール