#会議レポート

平和は本当に教室から始まるのでしょうか? 国連国際教育デーの問題を検討したオンライン フォーラム

24 月 XNUMX 日の国連教育デーに開催された世界平和教育フォーラムのトピックは、地球の平和をどのように教えるのかでした。会談には、タリバン銃乱射事件の生存者でノーベル平和賞受賞者のマララ ユスフザイ、ユネスコの最高教育者であるステファニア ジャンニーニ、フランスの活動家/女優でハーバード大学教授のギラ・クララ・ケススと、ユネスコの元首長フェデリコ・サラゴサ市長。

平和は本当に教室から始まるのでしょうか? 国連国際教育デーの問題を検討したオンライン フォーラム 続きを読む»

フィリピンでの XNUMX 年間の平和教育

27年28月2016日から60日まで、平和大学の平和紛争研究部とミリアム大学の平和教育センターは、「フィリピンの平和教育のXNUMX年」をテーマにしたフォーラムを開催しました。 フィリピンのケソン市にあるミリアム カレッジで開催されたフォーラムには、全国から XNUMX 人以上の平和教育者と平和擁護者が集まりました。 それは、過去XNUMX年間にわたって平和教育を推進する上で、公式および/または非公式またはコミュニティの教育者の希望と課題の物語を共有する機会を提供しました。 参加者はまた、より公正で思いやりがあり、平和で持続可能な地球というビジョンを実現するために平和教育者として前進する方法について、新たな希望とインスピレーションを共有することができました。

フィリピンでの XNUMX 年間の平和教育 続きを読む»

平和教育について考える: 平和教育に関する国民的出会いからの教訓 (コロンビア)

1 年 2 月 2015 日から 40 日まで、コロンビアのボゴタで平和教育に関する全国的な出会いが開かれました。 このイベントは、市民社会とのパートナーシップおよび国際協力により、650 の政府機関によって召集されました。 285 の地域と国の機関から XNUMX 人以上が参加しました。 過去数か月間、組織化団体の作業部会は、出会いを通じて可能になった貴重な文書、証言、および記録の編集を実現することに専念してきました。 これらの成果は、「平和教育について考える: 平和教育に関する国民的遭遇からの教訓」という本で共有されています。

平和教育について考える: 平和教育に関する国民的出会いからの教訓 (コロンビア) 続きを読む»

上へスクロール