武力紛争予防のためのグローバルパートナーシップの平和教育ワーキンググループからのウクライナに関する声明

による写真 ペクセル経由のビクターカティコフ.

召喚状–ウクライナでの戦争を終わらせましょう!

この戦争が終われば、すべての人のために終わらせなければなりません。平和のための教育は非常に重要です。 人々は再び一緒に暮らすこと、戦争と破壊のトラウマを克服し、彼らのコミュニティの平和を回復する方法を学ぶ必要があります。

(転載: 武力紛争防止のためのグローバルパートナーシップ。 5年2022月XNUMX日)

私たち、武力紛争予防のためのグローバルパートナーシップ(GPPAC)-以下に署名者としてリストされている平和教育作業部会(PEWG)のメンバーは、プーチンとロシア連邦政府にウクライナでの戦争を終わらせるよう呼びかけます。 この戦争で勝者はいないはずです。 数百万人の難民と国内避難民(IDP)につながる、進行中の荒廃、死、残虐行為は正当化できません。 難民は主に女性と子供であり、その生活は現在、恐怖、悲惨、トラウマに満ちています。 戦争はいかなる紛争への答えでもありませんし、人間、物質、そして環境の面で常に広範囲にわたる悪影響を及ぼします。

我々は、国連安全保障理事会に対し、国連憲章に定められたその任務と主要な責任を果たすことを要請する。 「国際の平和と安全の維持」 (第24条)。 現在の状況は世界平和を脅かし、多くの国の何百万もの人々の生活に影響を与えています。

私たちは、すべての国家指導者、特にロシア連邦政府に影響力を持っている可能性のある人々に、最も影響を受けているウクライナの人々のために、人類のために、そして人類のために、敵対行為を終わらせるためにその影響力を利用することを要請します私たちの惑星の全体的な安全。 私たちは、この目的のために利用可能なすべての外交手段を使用することをあなたに訴えます。

私たちは、人道支援機関に対し、難民と国内避難民、特に 学校の子供たちへの心理社会的支援.

世界中で活動している平和教育者として、私たちは、多くの場合学校で、武力による敵対行為の前兆と余波の中で、扇動され強化される憎しみの種を知っています。 これは、治癒するのに何世代もかかる可能性があります。

世界中で活動している平和教育者として、私たちは、多くの場合学校で、武力による敵対行為の前兆と余波の中で、扇動され強化される憎しみの種を知っています。 これは、治癒するのに何世代もかかる可能性があります。 私たちは、教育機関、大学、学校の指導者に、 この紛争を助長する誤報と宣伝のキャンペーン。 真の教育者として、私たちは学生が批判的思考者に情報を与えられ、分裂のレトリックに挑戦し、世界平和の共有状態を達成するのを助けることを嫌うことができるように準備しなければなりません 現在そして将来。

この戦争が終わったら、すべてのために終わらせなければなりません、 平和のための教育は非常に重要です。 人々は再び一緒に暮らすこと、戦争と破壊のトラウマを克服し、彼らのコミュニティの平和を回復する方法を学ぶ必要があります。

暴力を伴わずに紛争を管理することは、私たちの心と心に根を下ろすことから始まり、それから私たちの行動に示されます。 政治的または領土的利益のために軍隊に依存することは解決策ではなく、紛争を悪化させることを私たちは理解しています。 平和と非暴力の選択肢を教育するという私たちの決意は、世界中のどこにいてもすべての人々が安全で充実した生活を送ることができるように強化されています。

敬具

  • ゲーリー・ショウ、GPPAC(オーストラリア、太平洋)平和教育ワーキンググループ議長
  • ジェニファー・バトン、共同議長、平和教育ワーキンググループ、GPPAC(米国、北米); クリーブランド州立大学講師
  • ホルヘ・バクスター、GPPAC(コロンビア、南アメリカ)の平和教育ワーキンググループのメンバー。 アンデス大学准教授
  • Loreta N. Castro、GPPAC(フィリピン、東南アジア)の平和教育ワーキンググループのメンバー。 センターフォーピースエデュケーション、ミリアムカレッジ&パックスクリスティフィリピン
  • ゲイル・レイエス・ガラン、GPPAC(フィリピン、東南アジア)平和教育ワーキンググループのメンバー。 家族研究プログラムの議長。 平和教育センター副所長。 心理学部准教授; Maryknoll / Miriam CollegeAlumniAssociation会長
  • トニー・ジェンキンス、GPPAC(米国、北米)の平和教育ワーキンググループのメンバー。 コーディネーター、平和教育のためのグローバルキャンペーン; 平和教育国際研究所所長。 ジョージタウン大学講師
  • GPPAC(日本、北東アジア)平和教育ワーキンググループメンバー、松井ケテイ氏。 清泉女子大学グローバルシチズンシップ学科教授。 平和教育のためのグローバルキャンペーン、日本; 平和のための宗教、日本委員会; 自由主義の宗教的な女性のための国際協会。
  • Jose F. Mejia、GPPAC(コロンビア、南アメリカ)の平和教育ワーキンググループのメンバー。 オーラス・エン・パス常務取締役
  • 浅川和也、 GPPAC(日本、北東アジア)平和教育ワーキンググループのメンバー。 明治学院大学国際平和研究所PRIMEリサーチフェロー
  • Gohar Markosyan、GPPAC(アルメニア)平和教育ワーキンググループメンバー、NGO、開発のための女性
  • ジェ・ヨン・リー、 GPPAC(韓国、北東アジア)の平和教育ワーキンググループのメンバー。 韓国平和構築研究所および韓国修復的司法協会所長
  • Edita Zovko、 GPPAC(ボスニア・ヘルツェゴビナ、バルカン半島)の平和教育ワーキンググループのメンバー。 ナンセンダイアログセンターモスタル
閉じる

キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!

1コメント

  1. 武力紛争を防ぐための提案…武器の管理、武器の生産と貿易は武力紛争を防ぐでしょう…。不当な機械を殺すビジネス。無実の人間の血。

ディスカッションに参加する...