スポーツ大臣が若者に平和を促進するよう促す(アンゴラ)

スポーツ大臣が若者に平和を促進するよう促す(アンゴラ)

(原著: Agencia Angola Press、22年2016月XNUMX日)

ナミベ–アンゴラの青年スポーツ大臣GonçalvesMuandumbaは、平和、調和、連帯、市民の態度、愛国心を促進する上での学生の月曜日の関与と責任を推奨しました。

これは、ナミベ州南西部で今月14日まで開催された大学生の国民の祝日キャンプ(Canfeu)の第26版の開会式でした。

国が独立を達成してからXNUMX年後、平和と調和の中で生きることができた祖国の英雄に敬意を表し続ける必要があると当局者は述べた。

若者は初期条件を遵守しなければならない、と彼は言い、市民権、尊敬、名誉、責任の価値に言及し、それは彼によると、将来の専門家としての彼らの学問的および技術的資格を保護します。

大臣は、Canfeuは1,500人の若いアンゴラ人が新しい現実に触れる機会であると述べました。

このイベントはまた、若者が他の若者と出会い、さまざまな考え方、生活をし、一緒にいる機会を提供することを可能にします。

世界的な経済・金融危機については、ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス大統領が率いるアンゴラ政府が、この現象に対応するための重要な方法として経済の多様化を擁護していると大臣は述べた。

開会式は、与党MPLA党の青年部(JMPLA)の初代国務長官であるSérgioLutherRescovaJoaquimと、ナミベ州知事のRuiFalcãoが都市化担当国務長官NhangaCalungadeAssunçãoの前で演説した。

開会式では、与党MPLA党の政治局のメンバーでもあるGonçalvesMuandumbaが、党の副大統領であるRoberto Victor deAlmeidaを代表しました。

毎年行われるCanfeuは、2003年にフアンボ州で開催され、Huíla(2004)、Cuanza Sul(2005)、Cabinda(2006)、Benguela(2007)、Cuanza Norte(2008)、Uíge(2010)、クアンド・クバンゴ(2011)、ルンダ・スル(2012)、ザイール(2013)、クネネ(2014)、モシコ(2015)。

(元の記事に移動)

キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

上へスクロール