教皇は平和学校全国ネットワークの生徒や指導者6000人と面会予定

フランシスコは6,000人の生徒と教師と面会します

(転載: Exaudi – カトリックニュース。 16 年 2024 月 XNUMX 日)

新世代の平和構築者と建築家を形成します。この目的のもと、来週の金曜日、19月6,000日、平和学校全国ネットワークの生徒、教師、学校指導者XNUMX人がバチカンのパウロXNUMX世ホールで教皇フランシスコと面会する。彼らには、平和教育のための「アッシジ協定」の署名者である大学教授、地方行政官、市民社会の代表者も加わる。

学生たちと教皇との会談は、「未来を変えよう」と題された市民教育プログラムの一環。注目を集めて平和を目指して」と題し、25 月 26 日と 17 日の第 11 回世界こどもの日の実現への道の舞台となります。会合の理由とプログラムは、00月42日水曜日午前XNUMX時、ローマのサン・テオドーロXNUMX番地にある聖マクシミリアン・コルベ修道院の講堂で行われる記者会見で説明される。

記者会見では、国連「未来サミット」前にイタリアの学校で実施された「若者と未来」に関する調査の最初の結果も発表される。記者会見には以下の講演者が参加します:ファビアナ・クルチアーニ、全国平和学校ネットワークのディレクター兼コーディネーター。エンツォ・フォルトゥナート神父、世界こどもの日コーディネーター。そして全国平和学校ネットワークのディレクター、フラヴィオ・ロッティ氏。ロベルト・スコニャミーロ教授とともにローマのリペッタ芸術学校の学生たちと、「G.ローマの「ミラネージ」にキアラ・アタナシオ教授が同行。

 

キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

「教皇は全国平和学校ネットワークの生徒や指導者1人と面会予定」についての6000件のフィードバック

  1. Surya Nath Prasad 博士

    メッセージ
    25年2016月XNUMX日にインドのケーララ州ティルヴァナンタプラムで開催された全インド学生エネルギー議会へ。

    「もし息子や娘が両親に対して行儀を悪くし、生徒が教師に対して規律を欠き、若者が宗教説教者を笑い、支配者や政治指導者に対して扇動するとしたら、私たちは若者ではなく、こうした長老たちの性格の欠陥を疑う必要がある」

    若さと平和は同義語です。若者は平和のためにある。平和は若者の手によって完全に支持され、保護され、安全に確保されます。彼らに必要なのは、長老たち、特に親、教師、宗教説教者、統治者と政治指導者、裁判官と官僚の健全な模範だけであり、良い統治と平和のための部分的な教育の代わりに総合的な教育だけを必要としている。」
    詳細については、以下に引用した全インド学生エネルギー議会への私のメッセージを参照してください。

    良い統治と平和のための総合教育: 若者の役割
    教育、15 年 2016 月 XNUMX 日
    Surya Nath Prasad、Ph。D。–トランセンドメディアサービス
    https://www.transcend.org/tms/2016/02/total-education-for-good-governance-and-peace-the-role-of-youth/

    UCN ニュース チャンネル
    に関する対話
    普遍的平和教育
    概念、意味、数学 - 教育学ではない
    Surya Nath Prasad、Ph。D。
    http://www.youtube.com/watch?v=LS10fxIuvik

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

上へスクロール