市民権のための平和教育:東ヨーロッパの展望

(転載: Pravdoshukach、5年2021月XNUMX日.)

YuriiSheliazhenko著

20〜21世紀の東ヨーロッパは、政治的暴力と武力紛争に苦しんでいました。 平和にそして幸せを追求して一緒に暮らす方法を学ぶ時が来ました。

東方パートナーシップとロシアの国々で成人の政治生活に参加するために若者を準備するための伝統的なアプローチは、いわゆる軍事愛国的な育成でした。 ソビエト連邦では、理想的な市民は、質問なしに指揮官に従う忠実な徴兵と見なされていました。

このパラダイムでは、軍事規律は、政治的領域からの異議を除いた民間人の生活のモデルでした。 もちろん、「非暴力の使徒」レオ・トルストイの信奉者や民俗プロテスタントなど、兵役に対するあらゆる種類の良心的兵役拒否者は、「宗派」と「コスモポリタニズム」に対するキャンペーン中に抑圧されました。

ポストソビエト諸国はこのパラダイムを継承し、責任ある有権者よりもむしろ従順な兵士を育成する傾向があります。 欧州良心的異議申し立て局(EBCO)の年次報告書によると、この地域の徴集兵は、戦争の非難と殺害の拒否を法的に認める機会がほとんどまたはまったくないことが示されています。

ドイチェ・ヴェレに知らせるように、2017年にベルリンで開催された国際会議で、専門家は、ロシアの権威主義とウクライナの極右政策を促進するソビエト後の軍事愛国的育成のリスクについて話し合った。 専門家は、両国が市民権のために近代的な民主主義教育を必要としていることを示唆しました。

さらに早い時期に、2015年に、ドイツ連邦外務省と連邦政治教育センターは、東ヨーロッパ地域での市民権教育の発展を目的とした組織と専門家のネットワークである東ヨーロッパ市民権教育ネットワーク(EENCE)を支援しました。アルメニア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、ジョージア、モルドバ、ロシア、ウクライナを含みます。 ネットワークの参加者は、民主主義、平和、持続可能な開発のアイデアへの大胆なコミットメントを表明する覚書に署名します。

平和文化のための市民教育によって戦争を防ぐという考えは、ジョン・デューイとマリア・モンテッソーリの作品にまでさかのぼることができます。 それはユネスコ憲法で見事に述べられ、国連総会で採択された2016年の平和の権利に関する宣言で繰り返されました。平和の構築が必要です。」

平和のために教育するという世界的な道徳的衝動は非常に強力だったので、愛国的な育成の基準でさえ、ソビエト連邦とポストソビエト諸国の一部の熱狂的な平和教育者がすべての人々が兄弟姉妹であり、平和に生きるべきであると次世代に教えることを妨げることができませんでした。

非暴力の基本を学ばなければ、東欧の人々はおそらく共産主義帝国の解散、次の政治的および社会経済的紛争の間にはるかに多くの血を流すことができたでしょう。 代わりに、ウクライナとベラルーシは核兵器を放棄し、ロシアは2の中距離核兵器を破壊した。 また、アゼルバイジャンを除くすべての東欧諸国は、兵役に対する良心的兵役拒否者のために代替の民間サービスを導入しました。これは、実際にはほとんどアクセスできず、懲罰的ですが、良心的兵役拒否者の権利をソビエトが完全に認識していないことと比較すると、まだ進歩しています。

私たちは東ヨーロッパで平和教育を進めており、その成果を祝う権利があります。また、学校や大学での21月XNUMX日の国際平和デーの祝賀について、この地域では毎年数百、数百のニュースがあります。 しかし、私たちはもっと多くのことをすることができ、またそうすべきです。

通常、平和教育は学校のカリキュラムに明示的に含まれていませんが、その要素は、社会科学や人文科学の基礎など、正式な教育の一部のコースで実装できます。 たとえば、世界史を考えてみましょう。19〜20世紀の平和運動や、地球上に平和を確立するという国連の使命に言及せずに、どうすればそれを教えることができるでしょうか。 HGウェルズは「世界史綱」に次のように書いています。「全人類の共通の冒険としての歴史の感覚は、国家間の平和と同様に、内なる平和にも必要です。」

2020年の報告書「正式な学校での平和教育:なぜそれが重要であり、どのようにそれを行うことができるのか?」の著者であるキャロライン・ブルックスとバスマ・ハジルは、平和教育は学生に彼らの根本的な原因は、暴力に頼ることなく、対話と交渉を通じて、若者が違いを受け入れ、他の文化を尊重する責任ある市民になることを可能にします。 平和教育には、地球市民権、社会的および環境的正義のトピックと問題も含まれます。

教室、サマーキャンプ、その他すべての適切な場所で、人権や持続可能な開発目標について話し合い、ピアメディエーションやその他の文明化された社会生活のソフトスキルを訓練し、次世代のヨーロッパ市民と地球、すべての人間の母なる惑星。 平和教育は希望以上のものを与えます、確かに、それは私たちの子供たちと私たちの子供たちの子供たちが真に幸せな人々になるために創造的で民主的な平和の私たちの知識と実践の最高のものを使用して明日開発する今日の恐れと痛みを防ぐことができるというビジョンを与えます。

ユリ・シェリアジェンコ ウクライナ平和運動の事務局長、良心的兵役拒否局の委員、世界戦争を超えた委員会のメンバーです。 彼は、2021年に調停および紛争管理の修士号を取得し、2016年にKROK大学で法学修士号を取得し、2004年にタラスシェフチェンコ国立キイブ大学で数学の学士号を取得しました。 平和運動への参加は別として、彼はジャーナリスト、ブロガー、人権擁護家、法学者であり、数十の学術出版物の著者であり、法理論と歴史に関する講師でもあります。

最初にコメントする

ディスカッションに参加する...