平和教育とパンデミック:グローバルな視点(ビデオが利用可能になりました)

13年2020月XNUMX日、 平和教育に関する国際研究所 と平和教育のためのグローバル キャンペーンは、「平和教育とパンデミック: グローバルな視点」に関するズーム ウェビナーを主催しました。 このイベントには 550 か国から 72 人以上が登録し、Facebook でもライブ ストリーミングされました。 世界中の評価の高い平和教育者数十人が、COVID-19 が明らかにした体系的な暴力と不正について、また、平和教育をこれらの問題やその他の重要な問題にどのように活用しているかについて、独自の視点を共有しました (講演者、経歴、トピックのリスト)。以下で見つけることができます)。

ウェビナーでは、XNUMX つの幅広いアジェンダが検討されました。 まず、世界中の平和教育関係者がどのように対応しているかを聞く機会を提供しました。 瞬時に. 平和教育者は、セルフケア、回復力、変化する現実への適応に必要な、切望されている学習をどのように促進しているのでしょうか? ズームなどのオンライン学習スペースに教育学的にどのように適応しているのでしょうか (そして、教育の不公平に関連して、これらの急速な移行が明らかにした新しい社会的不公正は何ですか?) 社会的つながりを維持しながら、どのように安全な物理的距離を保っているのでしょうか? パンデミックによって引き起こされるトラウマ、不安、恐怖をどのように乗り越えて、私たちの社会的、政治的、経済的システムの脆弱性だけでなく、私たちの身体的な脆弱性を露呈させているのでしょうか?

ウェビナーはまた、緊急に再考する機会を提供しました 平和教育の今後の課題. この世界的なパンデミックは、平和教育が何十年にもわたって追求してきた懸念、可能性、課題の多くに焦点を当てています。 発表者は批判的な視点を共有し、COVID-19 と戦争、貧困、家父長制、ナショナリズムなどの「その他のパンデミック」との明確なつながりを明らかにしました。 すべての発表者が、これらの問題に取り組む上での平和教育の役割を探りました。 最も重要なことは、平和教育が、好ましい社会的、政治的、経済的システムを構想し、設計し、構築するための知識、能力、スキルを市民に備える方法を取り上げたことです。

以下のウェビナーのビデオをご覧ください。

スピーカー

  • トニー・ジェンキンス – (ホスト – 米国/グローバルシチズン)
    「平和教育とパンデミック」
    Tony Jenkins 博士は、平和教育に関する国際研究所 (IIPE) のマネージング ディレクターであり、平和教育のためのグローバル キャンペーン (GCPE) のコーディネーターです。 また、ジョージタウン大学の正義と平和研究プログラムの常勤講師でもあります。
  • ヴェルナー・ウィンターシュタイナー (オーストリア)
    「コロナは私たちの世界の状態を示しています: グローバルな連帯のないグローバリゼーション?」
    Werner Wintersteiner, Ph. D. は、オーストリアのクラーゲンフルト大学の退職したドイツ教育教授です。 2005 年から 2016 年まで、平和研究と平和教育センターの創設所長を務めました。 彼は、「グローバル・シチズンシップ教育」に関する大学マスター・プログラムの運営委員会のメンバーであり続けています。 彼の主な研究対象は、文学や芸術、文化研究全般、さらには平和教育や国際市民教育など、平和研究の文化的側面を発展させることです。 彼の作品の特別な焦点は、オーストリア、イタリア、スロベニアの間の三角形である、いわゆるアルプス・アドリア海地域における国境を越えた状況です。
  • アニタ・ユドキン (プエルトリコ)
    「このパンデミックがいかに人権状況を明らかにし、悪化させているか、特にプエルトリコの非民主的な政策と植民地的地位によって緊張している」
    アニタ・ユドキンは、平和教育に関するユネスコチェアのコーディネーターであり、プエルトリコ大学教育財団部門の教授です。 彼女は、批判的で変革的な教育法、子供の権利、人権、平和教育の促進に努めている教育者です。 彼女は、教師の専門能力開発、NGO との教育イニシアチブに取り組み、人権に関するユネスコチェアネットワークに参加しています。 彼女は広く出版しており、プエルトリコ、ラテンアメリカ、および米国で講演者として招待されています。 彼女は教育心理学の博士号と修士号を取得し、ミシガン大学で教育の学士号を取得しています。
  • ベルネデット・ミュージエン (南アフリカ)
    「COVID-XNUMXのアパルトヘイト後の南アフリカにおける平和教育のための横断的人権」
    Bernedette Muthien は活動家、詩人、教育者です。 彼女のライフワークは、南アフリカで女性、特に有色人種の女性を長い間排除してきた基本的な社会制度へのアクセスを増やすことに向けられてきました。 彼女は、 醸し出す、ジェンダーとセクシュアリティ、人権、正義と平和の交差領域で活動する NGO です。
  • ジャネット・ガーソン (USA)
    「ウイルスが必要: 私たちの相互依存の政治的意味」
    Janet Gerson (Ed.D.)、政治理論家、平和教育者。 国際平和教育研究所教育ディレクター。 コロンビア大学ティーチャーズ・カレッジ平和教育センターの元共同ディレクター。 2018 生涯功績賞、人間の尊厳と屈辱の研究; 2014年 平和と正義の研究会賞、  グローバルな正義に関する公開審議: イラク世界法廷。  今後の本: 紛争後の回復的正義: イラクの世界法廷における正義の民主化、 デール・スナウワートとの共著。
  • ロージー・チャウラ (中国)
    「この世界的な流行が、中国の平等、脆弱性、アイデンティティ、平和を人間味あふれるものにし、議論する機会をどのように生み出したか」
    Rosie Chawla は、コロンビア大学で紛争解決と交渉の修士号を、ウォートン ビジネス スクールでビジネス大学院の資格を、テンプル大学でファイナンスの学士号を取得しています。 現在、彼女の中国での役割はグローバル プロジェクト アドバイザーであり、教育者、若者、コミュニティ向けのグローバルな問題を通じて、平和と紛争に関する教育プロジェクトを開発しています。
  • コリンズ・イモー (ナイジェリア)
    「おびえた世界での平和教育」
    Colins Imoh 博士は、ナイジェリア ネットワークと平和教育キャンペーンの主催者です。 彼は、トレド大学の教育財団およびリーダーシップ学科で博士号を取得しました。 彼は現在、カリフォルニア州立大学サクラメント校の刑事司法部門の非常勤教員です。 彼の関心分野は、社会的行動、非暴力運動、多文化運動、持続可能な開発、多様性、平和構築です。
  • ゲイル フランシス R. ガラン博士 (フィリピン)
    「ブレークダウンからブレークスルーへ: COVID-19 パンデミック時に回復力を構築するための洞察と実用的なヒント」
    Gail R. Galang 博士は、フィリピンのミリアム大学平和教育センターの副所長です。 心理学と教育における専門知識を活用して、ガラン博士は、平和教育センターの最も積極的なパートナーの一人であり、学校とより大きなコミュニティ内で平和の文化を育成するというセンターの使命を推進しています。 彼女は家族研究プログラムの議長でもあります。 彼女の専門分野には、子供と青年期の心理学と家族心理学が含まれます。
  • グロリア・マリア・アバルカ・オブレゴン (メキシコ)
    「地域でのセルフケア」
    グロリア マリア アバルカ博士は、平和、紛争、開発の修士号の平和教育コースの教授です。 スペイン、UJI。 彼女は平和、紛争、開発の修士号と博士号を取得しています。 彼女の主な研究分野は、ホリスティック平和に焦点を当てた平和教育です。 彼女は、「平和によって描かれた世界」、「Burbujas de Ilusión」、「RadioMiniatura」、「Creando puentes」など、いくつかの国際平和教育プロジェクトを調整してきました。 彼女は、メキシコ、パラグアイ、コロンビア、スペイン、モロッコで平和教育の教授、コンサルタント、ワークショップ リーダーを務めています。
  • アマダベナビデス (コロンビア)
    「パンデミック、社会紛争、武力紛争: パンデミックの現在の状況は、恵まれない人々にどのような影響を与えていますか?」
    アマダ・ベナビデスはコロンビアの教師で、教育、社会科学、国際関係の大学院研究の学位を取得しています。 彼女は、高校から大学院の学部まで、あらゆるレベルの正式な教育で働いてきました。 アマダは 2003 年から平和学校財団の会長を務め、2011 年からはコロンビアでの公式および非公式の平和教育を通じて、平和の文化を促進することに全力を尽くしています。 2004 年から 2011 年まで、彼女は国連人権高等弁務官事務所の傭兵使用に関する国連作業部会のメンバーでした。 彼女は現在、FARC が占領している紛争後の地域で働いており、和平協定の実施において教師や若者を支援しています。
  • アリシア・カベズド (アルゼンチン – 中南米)
    「より良い世界のための変革的代替案としての平和教育」
    アリシア・カベズド教授、Ph.D. アルゼンチンのロサリオ大学教育学部の名誉教授であり、ブエノスアイレス大学の平和と人権の文化に関するユネスコチェアの名誉教授です。 彼女は、欧州評議会の北南センターのグローバル教育と市民権教育に関するシンクタンクのメンバーおよびコンサルタントです。 彼女は国際平和局の元副議長です。 カベズド夫人は、コロンビア、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、チリ、メキシコ、プエルトリコ、コスタリカ、ペルー、ボリビアのラテンアメリカの大学と研究センターで教えています。 彼女は現在、教育の観点からハバナ和平協定プロセスに従い、コロンビアに住んでおり、コロンビア平和大学ネットワークで教えています。
  • ケビン・ケスター (韓国・アメリカ)
    「真実、ポスト真実、そして COVID-19: いくつかの教育的反応。」
    Kevin Kester は、韓国の大邱広域市にある Keimyung University の教育学部、教育学研究科、および国際問題学部の国際教育およびグローバル問題のテニュアトラック助教です。 彼は、教育と国際問題の社会学と政治学を研究し、教えています。 彼の最新の著書は、「国連と高等教育: 21 世紀の平和構築、社会正義、グローバル協力」です。

2トラックバック/ピングバック

  1. 家庭内暴力はコロナウイルスの封鎖で増加しています。 応答は要点を失っています。 -平和教育のためのグローバルキャンペーン
  2. パンデミック、社会的紛争、武力紛争:COVID-19は脆弱な人々にどのように影響しますか? -平和教育のためのグローバルキャンペーン

ディスカッションに参加する...