「アフガニスタンにおける最近の展開と人道状況」に関するOIC執行委員会臨時会合の最終コミュニケ

「[OIC] 事実上のアフガニスタン当局に対し、イスラム法と国際人権法によって保証されている権利と責任に従って、女性と少女が権利を行使し、アフガニスタン社会の発展に貢献できるようにすることを求める。」 – ポイント 10、イスラム協力機構のコミュニケ。

編集者の紹介

アフガニスタンの女性​​学者と専門家、信仰と人道団体からの国連とOICへの手紙の署名者、人権と男女平等のすべての擁護者、自分自身を地球市民とみなし、アフガニスタンの未来を懸念するすべての人を擁護し、イスラム協力機構からのこのコミュニケを祝います。 この声明は、イスラム教が女性に教育を受ける権利と公務に参加する権利を保障していることを明確に主張しており、タリバンによる女性の教育と雇用の禁止に対応してなされた声明の中で最も強力で関連性があります。 それは、世界中の忠実な人々とイスラム教国の指導者を代表するグローバルなイスラム教徒コミュニティから来ています。

私たちは、OIC がイスラム的および国際的な責任を果たす模範的な行為を行ったことを祝福し、公正な社会と世界平和にとって不可欠なものとして、男女間の平等を確立する関連するイスラムの原則と人権法の国際基準を明確に明確に表現している OIC を称賛します。 国連憲章と世界人権宣言の前文に示されているように、平等の原則は国際社会の基盤であり、この文書は世界中の女性の平等への努力に大きく貢献しています。

コミュニケで提供されている実用的な推奨事項に読者の注意を払うことをお勧めします。 特に約束されていることの 2023 つは、事実上のアフガニスタン当局にコミュニケを届けるために、国連事務総長にハイレベルの代表団を派遣するよう求めることです。 そのような任務は、禁止の撤回を達成しなかったが、関与する意思があることを特に記録したXNUMX月のハイレベル代表団に基づいて構築することができます. 明らかに、関与を継続する必要があります。 我々はまた、国連事務総長アミナ・モハメッドによって発行されたその報告書で最初に推奨されたイスラム教の女性に関する国際会議を承認し、参加することを OIC に求める。 同時に、会議と同時に開催される国連女性の地位委員会の XNUMX 年年次会合に代表団を派遣することにより、世界的な女性運動との協力を強化し続けること。 CSW でのコミュニケに関するプレゼンテーションは、その効果を強化する可能性があります。

私たちの支持者と教育者は、この注目に値する文書への注目を引き続き促進し、すべての GCPE 読者/メンバーに同じことを行うよう奨励し、国会議員や外務省に送信し、世界中のクラスや市民社会組織で議論します。 これらの議論は、宗教的原則、ジェンダーの正義、および平等との一貫性を保証するために、信者の間での女性の役割と経験に関して行動を起こすよう、他の宗教の指導者を鼓舞するかもしれません. すべての宗教の女性は長い間そのようなことを求めてきました. (バー、1 年 28 月 23 日)

[アフガニスタンに関するその他の報道については、こちらをご覧ください。]

「アフガニスタンにおける最近の展開と人道状況」に関するOIC執行委員会臨時会合の最終コミュニケ

(転載: リリーフウェブ。 11年2023月XNUMX日)

サウジアラビア王国、現在のイスラム・サミットと執行委員会の議長、トルコ共和国の共同招待、およびガンビア共和国の招待により、イスラム協力機構(OIC)の執行委員会が召集された。 18 年 1444 月 11 日に対応する、2023 年 XNUMX 月 XNUMX 日に対応するジュマダ・アル・アキール XNUMX AH XNUMX 日に、ジッダの OIC 事務総局の本部で、事実上のアフガニスタン当局が学校と大学を閉鎖するという決定を下した後のアフガニスタンの状況を検討するための臨時会議。イスラム法の目的とアッラーの使徒である預言者ムハンマドの方法論に違反して、少女と女性に不特定の期間、すべての国内および国際的な非政府組織(NGO)で働くことを禁止する – アッラーの平安と祝福がありますように彼の上にいてください。 イスラム協力機構の執行委員会;

OIC 憲章に記された原則と目的、イスラム首脳会議と外相評議会の関連決議、および常任代表レベルでの OIC 執行委員会の臨時無期限会合の最終コミュニケに導かれ、 22 年 2021 月 19 日にジェッダでアフガニスタンの状況、および 2021 年 11 月 2018 日にパキスタン・イスラム共和国のイスラマバードで開催された「アフガニスタンにおける人道状況」に関する OIC 外相評議会の臨時会合の決議、およびXNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日にアフガニスタンの平和と安定に関するムスリム ウレマス (学者) の国際会議によって発行されたマッカ アル ムカラマ宣言。

ムスリム共同体の精神を構成する確立されたイスラーム的価値観を認めること。

また、開発、平和、安全、安定および人権が相互に依存し、相互に補強し合う問題であることを認識し、

アフガニスタンの主権、独立、国家統一に対する OIC 加盟国の強いコミットメントを再確認し、 崇高なイスラムの慣習と伝統を尊重すること。

アフガニスタンにおける人道、社会、経済、および人権状況の悪化に留意し、

アフガニスタンで持続可能な平和と開発を達成するために、人間開発に投資することの重要性を強調し、

社会的、経済的発展と平和と安全における女性の重要な役割を強調し、アフガニスタンに建設する。

大学レベルを含むすべてのレベルの教育にアクセスする女性と女児の権利は、高貴なイスラム教シャリアの教えに沿った基本的権利であることを想起し、

女性に対するあらゆる形態の差別の撤廃、子どもの権利、市民的および政治的権利に関する国際条約、OIC 憲章、2025 年 XNUMX 年間の行動計画(TYPOA)、および進歩のための OIC 行動計画を想起し、加盟国の女性の数 (OPAAW);

OIC 外相評議会によって採択された、アフガニスタンを支援する地域イニシアチブに関する決議 4/48-POL を想起し、「アフガニスタン社会のあらゆる側面における女性と少女の参加を強化することを含め、より大きな包摂性の重要性を認識する」。

女性と子供の権利を含む人権を尊重するという事実上のアフガニスタン当局からの OIC 加盟国と国際社会の期待を想起し、

アフガニスタンにおける人道および人権状況の悪化を深刻に懸念し、

アフガニスタンの発展と国民の福祉の達成に向けてあらゆる努力を導く必要性を強調する。

  1. アフガニスタンの人々との連帯と、彼らが平和、安全、安定および開発を確立するのを助けるという公約を再確認する。
  2. 高貴なイスラムの原則に従って、非常に重要な問題について事実上のアフガニスタン当局と関与する OIC 事務局長、OIC 事務総長のアフガニスタン特使、および国際イスラム フィクフ アカデミー (IIFA) の努力を歓迎する。および価値と関連する OIC 決議。
  3. 19 年 2021 月 48 日にパキスタン・イスラム共和国のイスラマバードで開催された外相評議会(CFM)の臨時会期、および 23 年 2022 月 XNUMX 日に開催された外相評議会(CFM)の臨時会期およびXNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日、パキスタン・イスラム共和国イスラマバード。
  4. 2022 年 XNUMX 月に、国際イスラム フィクフ アカデミー (IIFA) が率いる著名な宗教学者と法学者の代表団によるアフガニスタン訪問と、事実上のアフガニスタン当局との会談に感謝する。 イスラム教徒の学者の代表団の XNUMX 回目の訪問を、アフガニスタンの高官と対話するよう手配するよう要請する。
  5. 教育は基本的人権であり、すべての個人が平等な機会に基づいて差別なく享受しなければならず、奪われてはならないことを強調する。
  6. アフガニスタンにおける女性教育の停止、およびすべての国内および国際非政府組織 (NGO) に対し、追って通知があるまで女性従業員を停止するよう命じた決定に対する失望を表明する。
  7. 事実上のアフガニスタン当局に対し、国際連合憲章と OIC 憲章の原則と目的を遵守し、特に権利に関する国際人権規約の下での義務を含む、国際条約と合意の下での義務を遵守するよう要請する。女性、子供、若者、高齢者、特別なニーズを持つ人々。
  8. 事実上のアフガニスタン当局に対し、女子のための学校と大学の再開に向けて努力し、アフガニスタン国民が必要とするすべてのレベルの教育とすべての専門分野に女子が入学できるようにすることを求める。
  9. イスラムの価値観と普遍的な人権基準に従って、すべてのアフガニスタンの女性​​と少女の生命、安全、尊厳、教育を受ける権利を含む基本的権利を保護する必要性を強調する。
  10. アフガニスタンの事実上の当局に対し、イスラム法と国際人権法によって保証された権利と責任に従って、女性と少女が権利を行使し、アフガニスタン社会の社会的および経済的発展に貢献することを認めるよう要請する。
  11. 女性要員の不足により、アフガニスタンの人々に対する国際人道援助、教育、保健およびその他の社会サービスの妨げられない流れと同様に、現場での人道援助の提供が中断されることに注意する。
  12. 国内および国際的な非政府組織 (NGO) が、現場での実際的な困難にもかかわらず、人道支援および救援活動を継続することを奨励します。
  13. アフガニスタンが、その内政に干渉することなく、社会経済的発展を達成するための努力を支援されることを確実にするために、国際社会の支持を得る必要性を強調する。
  14. OIC の代表団と関連機関を派遣するために、事実上のアフガニスタン当局と調整することを決定し、特に国内の (小規模な) 所得創出部門と活動のための技術および開発援助の必要性を評価することを決定する。
  15. 国際社会および OIC コミュニティに対し、経済危機が深刻な状況にあることを考慮して、アフガンの人々の生活と生計を改善する目的で、特に国内の (小規模な) 収入を生み出す部門と活動に対して、技術的および開発的支援を提供するよう求める。今日のアフガニスタンにおける悲劇的な人道状況につながる主要な要因です。
  16. アフガニスタンを支援することに関する OIC のメッセージを伝えるため、また働く女性と女児の教育に関して事実上のアフガニスタン当局によって下された最近の決定を再考することの重要性を伝えるために、アフガニスタン事務総長の特使の派遣を要請する。
  17. これに関連して、サウジアラビア王国政府がアフガニスタン担当特使の予算に提供し、彼がその任務を遂行することを可能にしたこと、ならびに管理の下でのアフガニスタン人道信託基金への寛大な寄付を称賛するイスラム開発銀行の; また、基金への寄付を行った他の加盟国による支援を称賛します。
  18. 事務総長に対し、アフガニスタンの状況を追跡し、評価し、執行委員会のメンバーと調整して必要な措置を講じ、それに関する報告を外相理事会の次の会期に提出するよう求める。
キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

上へスクロール