教育に関する世代を超えた対話を組織するためのナイジェリアネットワークと平和教育キャンペーン

世界には1.8億人以上の若者が住んでいます。 多くの場合、これらの若者は、教育、平和、持続可能性、地球市民権の分野で政策決定プロセスの周辺に追いやられています。 彼らは主要な利害関係者とは見なされていません

(転載: 潮。 19年2021月XNUMX日)

オヌンワー王

社会変革と人間開発センター(CHDST) と共同で ナイジェリアネットワークと平和教育キャンペーン は、アフリカで最初の世代を超えた独立した教育に関するトーキング(iTAGe)イベントを開催する準備ができていることを改めて表明しました。

これは、主催者であるポリュカルポス・ヘネツ博士とコリンズ・イモーが共同で署名した声明に含まれており、週末にポートハーコートの新聞記者が利用できるようになりました。 声明によると、イベントは ユネスコマハトマガンジー平和と持続可能な開発のための教育研究所(MGIEP)。 また、注目を集めるイベントが4年2021月XNUMX日にポートハーコートで開催されることを示唆し、参加者は全国から集められると付け加えました。

さらに、インド、米国、カナダで開催されたTAGeイベントで、長年にわたって「教育を通じて平和と民主主義の文化を深める」ことについて上級政策立案者と関わりを持つ若者に重点が置かれることを明らかにしました。

MGIEPは、その性質と目的を定義し、社会的および感情的な学習を促進し、デジタル教育を革新し、若者に力を与えるプログラムや製品を開発することにより、平和で持続可能な社会を育成するための教育に向けた持続可能な開発目標(SDG)4.7の達成に重点を置いていると述べました。

教育に関する世代を超えた話し合い(TAGe)イニシアチブについては、対話の変革的性質の中心性を前提とした、若者主導の教育に関する世代間対話であると述べました。

…ナイジェリアの若者の効果的な関与には、若者の視点を政策立案、教育の機会、プログラム計画、その他の重要な国内/国際的な意思決定手段の各要素に組み込むことが含まれるべきです。

「世界には1.8億人以上の若者が住んでいます。 多くの場合、これらの若者は、教育、平和、持続可能性、地球市民権の分野で政策決定プロセスの周辺に追いやられています。 彼らは主要な利害関係者とは見なされていません。 MGIEPは、若者を対象とした戦略は、政策立案者の声が聞かれなければ成功できないと考えています。 したがって、ナイジェリアの若者の効果的な関与には、若者の視点を政策立案、教育の機会、プログラム計画、その他の重要な国内/国際的な意思決定手段の各要素に組み込むことが含まれるべきです。 これは、教育に関する世代を超えた話し合いプロジェクトの中核にある」と述べた。

さらに、ポートハーコートでの対話は、教育分野に関心のある若者と、教育に関する世代間の対話のための経験豊富で高レベルの上級意思決定者との間の無制限の対話を促進することによって、これらの目的を達成することが期待されることを示唆しました。

閉じる
キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

ディスカッションに参加する...

上へスクロール