In Factis Paxの新刊が利用可能になりました:第14巻第2号、2020年

ファクティスパックスで 平和教育と社会正義に関する査読付きオンライン ジャーナルで、暴力の防止、平和と民主主義社会への政治的挑戦など、平和な社会の形成に不可欠な問題の調査に専念しています。 社会正義、民主主義、人間の繁栄は、平和な社会の構築における教育の役割の重要性を強調する中心的な要素です。 ジャーナルは、これらの中心的な問題に関連するトピックに関する記事と書評を募集しています。

第 14 巻 2 年第 2020 号

ここから無料で問題にアクセス

Contents [show]

ボギーマン役のアンティファ、 ローラ・フィンリーとルイージ・エスポジート

アフガニスタンにおける正式な教育の歴史と政治の影響、 ハフィザ・ヤズダニ

消費者の道徳的リーダーシップ、 スー LT マクレガー著

本のレビュー

ユネスコの支援の下での国際理解のためのアジア太平洋教育センターのレビュー: Covid-19 を超えて、グローバルな連帯に向けた不平等、ソウル、2020 年、256 頁、$12.00 (サインオンケ14,000)、ISBN 979-1-155- 31117-2。  ムン・ジョンミンとリム・ウナ

Nasia Hadjigeorgiou、暴力後社会における人権の保護と平和の構築 (人権法という観点から)、Hart Publishing (ロンドン: Bloomsbury Academic、2020) のレビュー。 248ページ£49 (電子ブック)。 ISBN 9781509923427。 マリー・アブラ

閉じる
キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

ディスカッションに参加する...

上へスクロール