グテーレス氏は緊急にモスクワとキエフに行ってください

荒廃が悪化し、世界が核の脅威の高まりにさらされる中、元ユネスコ職員は、他のすべての人々を超えて介入する能力を持っている国連事務総長に緊急の嘆願書を発行します。 非常に多くの国連イニシアチブを支援してきたグローバル市民社会のメンバーがこの呼びかけに参加します。 GCPEは、私たちが連絡できるすべての人に、グテーレス事務総長にモスクワとキエフに行き、即時停戦を確立し、平和を望んで必要としている世界の人々を代表する国連が後援する深刻な和平交渉を進めるよう要請します。

国連事務総長への公開書簡

宗派。 グテーレス、なぜあなたはモスクワとキエフにいないのですか?

戦争の苦しみと恐怖は私たち全員を圧迫しています。 人々が亡くなり、インフラが荒廃しているだけでなく、貧困、飢餓、不平等、核の脅威、気候や環境の危機など、幅広い実存的問題に対処する能力がますます低下しています。 さらに、多国間システムは人類と戦争のない世界のビジョンを失敗させているようです。

軍事的手段は現在、平和的手段による紛争解決に勝っています。 西側の人々は、国連よりもNATOに目を向けています。 それは私たちの共通の未来の良い兆候ではありません。 あなたが繰り返し言っているように、軍縮がなければ、私たちは開発を得ることができず、持続可能な開発目標を達成することもできません。 実際、私たちはパン用の武器を手に入れます。

人道的救援活動における国連の役割、深刻な状況での紛争を解決する能力など、さまざまな能力分野での国連の活動を高く評価する理由はすべてありますが、失敗しています。 国際連盟からすでに受け継がれている困難を十分に認識し、拒否権を持ち、世界最大の軍事機械を担当するXNUMXつの恒久的な大国を持つ安全保障理事会は、平和的手段によって平和を創造する国連。

安全保障理事会は、紛争を解決し、ウクライナでの戦争を終わらせるために多くの外交ツールを使用していませんが、非難と恥辱にもっと夢中になっています。 パーマネントファイブ(P5)のいずれか、中国、イングランド、フランス、ロシア、米国が関与する紛争解決の議論は、安全保障理事会から総会に移されるべきであり、特定の規則の下で、将軍の幅広いメンバーシップを可能にします。勧告だけでなく、拘束力のある決議を行うための集会。

大量破壊兵器の存在自体が、この対立のリスクを特に高くしています。 外交的で平和を作るイニシアチブは試されるべきではありません。

国連憲章のみに基づいてイニシアチブをとるのに、国連事務総長であるあなたほど良い立場にいる人は誰もいません。 もちろん、P5の利益を無視すると、あなたの立場が変わる可能性があります。 戦争狂乱のこの時期には、感情が高まっています。 それでも、あなたは世界に、あなたのすべてのエネルギー、知識、勇気、外交スキル、そして平和を愛する人々によって何十年にもわたって細心の注意を払って創造的に開発されたすべてのツールを試してみる義務があります。

平和活動家はあなた、アントニオ・グテーレスに、ウクライナで停戦を勝ち取るためにあなたの立場と「良い役職」をすぐに使うように呼びかけます。 それはウクライナの人々、ロシアの人々、ヨーロッパそして世界の他の人々にとって重要です。 そして、国際関係に関しては、私たちが国連システムに置くことができる将来の信頼にとって重要です。

グテーレス氏、緊急にモスクワとキエフに行き、停戦を直ちに交渉し、それによって、平和的な手段で紛争を解決するための扉を開くことを願っています。

これまでのところ、ウクライナでの戦争を終わらせるための公式の試みに関与している女性は少なすぎるので、たとえばユネスコ長官のオードレ・アズレイや人権高等弁務官のミシェル・バチェレに呼びかけたいと思うかもしれません。あなたに同行します。 彼らは両方とも経験豊富な国連指導者であり、それぞれの任務は交渉の資産となるでしょう。

丁重に、

インゲボルグブレインズ、オスロ24.03.22

コンサルタントで元国際平和ビューロー共同会長

元ユネスコ理事

インゲボルグ・ブライネスは、ユネスコ本部に入る前に、ユネスコのノルウェー国家委員会の事務局長を務め、最初は女性とジェンダーに関する局長の特別顧問を務め、その後、女性と平和の文化プログラムの局長を務めました。 。 その後、彼女はイスラマバードのユネスコ事務所とジュネーブのユネスコ連絡事務所の所長に任命されました。 彼女は2009年から2016年まで国際平和ビューローの共同会長を務めました。

キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

上へスクロール