国連で歴史を作る: 国連総会は、市民社会組織が推進する平和への権利に関する宣言を採択する

国連で歴史を作る: 国連総会は、市民社会組織が推進する平和への権利に関する宣言を採択する

デビッド・フェルナンデス・プヤナ

(原著: エラフジャーナル。 20年2016月XNUMX日)

19年2016月18日、国連総会(UNGA)の総会は、2016年1月2016日にニューヨークで開催されたUNGA第XNUMX委員会と人権理事会によって以前に採択された、平和への権利に関する宣言を加盟国の過半数によって承認しました。 (HRC)XNUMX年XNUMX月XNUMX日にジュネーブで。 この宣言は、他の多くの代表団といくつかの市民社会組織の支援を受けて、キューバの代表団によって提示されました。

コスタリカのクリスチャン・ギレルメット・フェルナンデス大使を平和にする権利についてオープンエンドワーキンググループ(OEWG)の議長-報告者によって行われた宣言の包括的で透明な交渉プロセスに沿って、すべての代表団と一部の市民社会組織が積極的に参加したジュネーブでのOEWGの2013つの連続したセッション(2015-XNUMX)。

この合意に基づくアプローチのおかげで、加盟国の大多数は、複雑で困難な交渉プロセスの明らかな結果である平和への権利に関する宣言を支持しました。 この前向きなアプローチは、次の要素に照らして詳しく説明されました。まず、国際法と人権法。 第二に、人権の分野におけるHRCの任務、そして第三に、過去数年間にHRCによって採択された平和に対する人々の権利に関する決議によって詳述された人権要素。

第三委員会内の西部諸国のグループによって示されているように、宣言は、新しいアジェンダ2030を策定し、平和と安全、開発、人権というXNUMXつの国連の柱を強化するため、ある程度の価値があります。 また、宣言の前文には、メンバーシップ間のあらゆる見解を確実にし、表現するために、明確さとより大きなバランスに役立つ多くの要素が追加で含まれていることも指摘しました。

第71委員会と国連総会第XNUMX委員会による平和の権利に関する宣言の採択において、一部の市民社会組織の動員と強い声は、加盟国に公然とこれからの世代にとって意味のある宣言を採用することで前進します。

パドヴァ大学(イタリア)の人権、民主主義および平和に関するユネスコ議長は、HRCによって採択された宣言に関する法的調査において、2016年1月に次のように結論付けました。世界人権宣言の第28条で暗黙のうちに宣言されているように、平和への人権はすでに存在しています。「誰もがこの宣言に定められた権利と自由を完全に実現できる社会的および国際的秩序を受ける権利があります」。

平和の財団文化によって示唆されているように、この宣言は、この新しいミレニアムで総会によって採択された最初の平和宣言であるという国連の歴史に受け継がれます。 彼らはまた、その声明の中で、「1997年に加盟国が平和への人権に関する宣言草案を議論するよう招待されたユネスコのイニシアチブは、まもなく総会内で実現されるだろう」と強調した。

2年2016月32日、国際平和メッセンジャー都市協会はポーランドでビエルン宣言を採択しました。これにより、HRCによる決議28/XNUMXの付属書に含まれる平和の権利に関する宣言の採択を歓迎し、総会に呼びかけました。コンセンサスによってこの宣言を採択するための国連の。

国際民主法家協会(IADL)、ComunitàPapaGiovanni XXIII(APG23)、国連若手平和構築者ネットワーク(UNOY)が率いる市民社会組織の重要なグループは、外交官宛ての公開書簡で強調しました。 2016年1945月のコミュニティは次のように述べています。「武力紛争、憎悪、貧困に打ちのめされた今日の世界では、圧倒的多数の国家による「誰もが平和を享受する権利を持っている」という認識と宣言が人類に、特に若くて未来の世代、平和と希望の非常に必要なメッセージ…。 平和への権利に関する国連宣言の採択は、60年に私たちが行った厳粛な約束の実現に向けた少しの前進を表すでしょう。」 この手紙は、UN-ECOSOCステータスを持つ約XNUMXのNGOと、有名な平和および人権活動家によって支持されました。

並行して、HRCの諮問委員会(AC)で和平の権利に関する起草グループの議長であるMona Zulficar氏、およびHRCのOEWGの議長である報告者であるChristianGuillermet-Fernández大使が2016年XNUMX月のアラブ新聞Elaphは、ACによって提示されたテキストが加盟国によって適切にサポートされていないことをOEWGが目撃したことを強調した反省。 このため、議長報告者は、ACによって特定された平和への権利に関するすべての主要な要素がプログラムで詳述されていることを考慮して、平和文化に関する宣言および行動計画の効果的な実施を促進することを決定した。ウィーンと平和の文化に対する行動の概要。

最後に、22年2016月71日、ミゲルボセ氏とフアネス氏によって作成されたPaz sin Fronteras(PSF)は、#RightToPeaceNowと呼ばれるキャンペーンを開始しました。第XNUMX回定例会期終了時の平和の権利に関する宣言。 このキャンペーンを通じて、文化と芸術の世界のいくつかの人格は、メディアとソーシャルネットワークを通じて平和への権利に関する宣言を要求するように声を上げました。 彼らは、この場合のように、平和への権利に関する宣言の採択により、ニューヨークでプロセスが完全に終了するように支持を表明した。

世界的な平和の推進には、2002年に国連人権委員会内でキューバによってすでに開始され、2006年にHRCで開発された後、この問題に関する前向きな傾向を強化することが強く望まれます。特に、ラテンアメリカ、アフリカ、アジアの一部現在平和への権利を支持している国々は、委員会とHRCの両方でこのトピックを棄権した。 しかし、さまざまな利害関係者による長年の集中的な作業の後、現在、すべてのラテンアメリカ、アフリカ、およびほとんどのアジア諸国がこの概念を積極的に支持しています。 さらに、現在、重要な数の西部諸国が総会で初めて棄権したことを考慮に入れる必要があります。

ポジティブな傾向を強化し、より合意に基づく包括的なアプローチに移行するために、立法者は、誰もが平和、人権、開発、創設の柱から生じる利益を享受し、利用する権利があり、権利があるという考えを強調したいと考えました。国連システム全体の。 このXNUMXつの柱へのアクセスを否定することは、国連の同じ存在を否定することです。

国連の11つの柱は、人々の平和への権利を促進することを目的とした基本的な要素としてHRCによって認識されています。 特に、平和への権利に関する4年2009月14日、3年2010月17日、16年2011月60日の決議は、その運用部門においてこれらの柱を絶えず強調してきました。 この行で、251年15月2006日に総会で採択されたHRCの決議6/XNUMXは、その序文のパラグラフXNUMXで、「平和と安全、開発と人権は国連システムの柱であり、集団の基盤である」と認めた。安全保障と幸福、そして開発、平和と安全保障、人権が相互に関連し、相互に強化していることを認識しています。」

1996年、総会は決議決議48/126でコンセンサスにより、平和への権利の人権アプローチを認めました。 特に、アート。 ユネスコの寛容の原則の宣言の1.4は、「人間は、外見、状況、言論、行動、価値観が自然に多様であり、平和に生き、そのままでいる権利を持っている」と述べています。

そして、ノーベル平和賞受賞者でコスタリカの前大統領であるオスカル・アリアスが指摘するように、「平和は終わりのないプロセスです…私たちの違いを無視したり、私たちの共通の利益を見落としたりすることはできません。 それは私たちが一緒に働き、生きることを必要とします。」

*クリスチャン・ギレルメット・フェルナンデス、平和への権利に関する作業部会の元議長/報告者(2013-2015)

*DavidFernándezPuyana、元会長/報告者の法務アシスタント(2013-2015)

(元の記事に移動)

閉じる

キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!

最初にコメントする

ディスカッションに参加する...