追悼:池田大作

ケビン・マーハー著
事務局長、 池田平和・学習・対話センター

(転載: 池田平和・学習・対話センター)

センター創設者池田大作氏の訃報をお伝えし、大変心苦しいものです。 池田氏は11月15日夜、東京・新宿の自宅で老衰のため95歳で死去した。

池田大作は、仏教の指導者、教育者、哲学者、平和構築者であり、多作の作家であり詩人でもありました。 1928年東京生まれ。戦争の悲惨な現実を身を持って体験。 1947年、19歳のとき、教育者で創価学会指導者の戸田城聖との出会いを通じて仏教を受け入れるようになった。 戸田は政府の軍国主義政策に反対したとして逮捕、投獄されていた。

これらの経験が組み合わさって、池田氏に平和と核軍縮への生涯にわたる決意を植え付け、それが創価学会の第1970代会長および創価学会インターナショナルの創設者としての活動を含む彼のすべての仕事に影響を与えました。 そのすべてを通じて、池田氏は平和への最も確実な道として開かれた対話を力強く断固として提唱しました。 そのため、80 年代初めから、彼は主要な文化的および政治的人物、著名な学者、および多くの先駆的な平和構築者との対話を積極的に追求しました。 現在までに、これらの対談のうち XNUMX 冊以上が書籍として出版されています。 彼にとって、対話は常に共通点を探り、信頼を築き、人類が直面する複雑な問題に対処する創造的な方法を特定するための手段でした。

池田大作にとって、対話は常に共通点を探り、信頼を築き、人類が直面する複雑な問題に対処する創造的な方法を特定するための手段でした。

21年前の今秋、池田氏はハーバード大学で「大乗仏教と2009世紀文明」と題した講演を行った。 その中で彼は、人類の平和的進化に対して大乗仏教が果たせる重要な貢献を強調しました。 その後すぐに、彼はその講演の精神を継承するスペースを提供するために、XNUMX 世紀ボストン研究センター (XNUMX 年に平和・学習・対話のための池田センターに改名) を設立し、この講演会に貢献するテーマとコンセプトを探求しました。平和の文化の創造と拡大。

私たちのセンターに加えて、池田氏は世界中に文化、教育、平和の研究機関を多数設立しました。 これらの機関はすべて、創価に影響を受けた平和とヒューマニズムの価値観への取り組みを共有しています。

池田氏は、世界中に数多くの文化、教育、平和に関する研究機関を設立しました。 これらの機関はすべて、創価に影響を受けた平和とヒューマニズムの価値観への取り組みを共有しています。

創立以来、池田氏はセンターに寄せた多くのメッセージや激励の言葉の中で、命の尊さだけでなく、開かれた対話の変革的な側面を一貫して強調してきました。 彼にとって、無関心と暴力の文化から、すべての生命の尊厳を尊重する文化への移行は、平和を促進する上で重要な要素でした。 20 年の創立 2013 周年の際に送ったメッセージの中で、池田氏は自身のビジョンの本質を捉えた感想を述べました。 彼は書く:

私たちがどの国の出身であろうと、どのような利益を代表していようと、最終的には私たちは皆人間です。 私たちは、誕生、老化、病気、死という人間の普遍的な経験に共に立ち向かう同志です。 私たちの人生は、その中に善をもたらす不屈の力を宿す貴重な宝石のようなものです。 私たちは皆、平和を心から願う母親から生まれました。 こぶしのように閉ざされた心を解きほぐし、正直に誠実に耳を傾け、話すとき、私たちは魂の共通の共鳴を発見することができます。 違いから学ぶために自分自身を開くとき、私たちは新たな豊かさと深みを持って人生を経験します。 対話は、平和と調和のとれた共存のための価値を生み出す鍵です。 このセンターの取り組みは、対話の前向きな可能性に対する揺るぎない信念にしっかりと基づいており、私たちはこの信念を永遠に守り続けるでしょう。

学習と対話を通じて平和を促進するという彼のビジョンを実行するという使命を持つ組織として、私たちは、特にそれが緊急に必要とされている今、彼が築いた道をたどることをこれまで以上に決意しています。 私たちはスタッフとして、彼の支援と激励に深い感謝の気持ちを抱くとともに、平和と調和のとれた共存の世界の基礎を強化するという彼が献身的に捧げた重要な仕事を継続するための新たなエネルギーを感じています。

よろしくお願いいたします。

ケビン・マーハー
エグゼクティブ·ディレクター
池田平和・学習・対話センター

キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

上へスクロール