申請募集:池田平和・学習・対話センター–教育フェロープログラム

[icon name =” share” class =”” unprefixed_class =””] 詳しくは池田平和・学習・対話センターをご覧ください。

1年2017月1日から2018年1月2018日までの申し込み受付。受賞の通知はXNUMX年XNUMX月XNUMX日頃に行われます。

教育フェロープログラムの目的

教育フェロープログラムは、2007年に池田平和・学習・対話センターによって設立されました。このプログラムは、国際的に成長している草加教育の分野に関する研究と奨学金を促進することを目的としています。

フェロープログラムは、世界平和構築者でありセンター創設者である池田大作(1928-)の教育的遺産を称えるものです。 池田は、創価(文字通り「価値創造」)教育システムを含む、世界中のいくつかの平和研究、文化交流、教育機関の創設者です。 このシステムは、アジアと南北アメリカの15か国の幼稚園から大学までのXNUMXの機関で構成されています。 これらの草加機関は、各学生のユニークな創造的可能性を育成し、平和、社会貢献、およびグローバルな意識の倫理を育むことに取り組んでいます。

草加教育の背景

草加教育は、日本の教育者牧口常三郎(1871-1944)とその後継者である戸田城聖(1900〜1958)の教育学に基づいた学生中心の教育アプローチです。 牧口は学校の先生兼校長として、生涯にわたる各生徒の成長と成長を中心とした教育理論の開発に人生を捧げました。 第二次世界大戦中、牧口は日本の軍当局に反対したとして逮捕され、刑務所で亡くなり、彼の教育思想が実を結ぶのを見ることができませんでした。 戸田はこれらのアイデアを引き継いだ。 戸田の後継者である池田は、生徒一人ひとりの幸せを中心とした教育体制を確立することで、この人間的なビジョンを実現しました。

池田の教育哲学の詳細については、 池田大作ホームページの教育課.

池田平和・学習・対話センターの使命

1993年以来、センター(元々は21世紀のボストン研究センター)は、人類の平和的進化を支援するアイデアと解決策を模索するために、多様な学者、活動家、社会革新者を関与させてきました。 センターの使命は、仏教思想家であり指導者である池田大作によって設立され、仏教のヒューマニズムに触発された学習と対話を通じて平和の文化を構築することです。 センターのプログラムには、グローバル倫理の重要な問題に関するさまざまな視点を提供する公開フォーラムや学術セミナーが含まれます。 センターの教育および対話の本は、900を超える大学のコースで使用されています。

研究の焦点

池田センター教育フェロープログラムは、より一般的な教育の哲学と実践との関係を含め、草加教育の哲学と実践のあらゆる側面に関する博士論文をサポートしています。 ((曽我教育に関連する英語の情報源への書誌ガイドを表示するには、ここにアクセスしてください。)

池田センターでは、以下のような論文研究をはじめ、幅広いアプローチをとっています。

  • 現代の草加教育を世界のどこでも行われている他の教育システムと比較対照します。 また
  • 草加教育の哲学および/または実践に完全に焦点を当てています。 また
  • K-16非Soka設定でSokaの影響を受けた教育努力を調べます。

賞と条件:

最大XNUMX名の池田センター教育フェローが一流の教育学者の諮問委員会によって選出されます。 フェローは、年間10,000ドルでXNUMX年間の資金提供を受ける資格があります。、XNUMX年目は進歩の証明を条件とします。 合格者は、完成時に論文と要約とともに最終的な書面による声明を提出することが期待されます。 基本的な奨学金に加えて、各フェローシップは、マサチューセッツ州ケンブリッジで開催されるXNUMX日の年次セミナーへの参加費用も負担します。このセミナーには、フェローが参加する予定です。

さらに、成功した候補者は、草加教育の研究を進めるために、将来のネットワーキング活動に可能な限り参加することをいとわないでしょう。 例は次のとおりです。

  • 地域および全国の教育会議で研究結果を発表する。
  • 必要に応じて、過去および現在のフェローやアドバイザーとの交流。 と
  • マサチューセッツ州ケンブリッジの池田センターで行われた草加教育に関するセミナーや公開会議への参加。

諮問機関

ラリー・ヒックマン(議長)、デューイ研究センター名誉所長、南イリノイ大学哲学名誉教授

池田平和・学習・対話センター事務局長バージニア・ベンソン

ニューハンプシャー大学名誉教授、博士課程名誉所長、アン・ディラー

ジム・ギャリソン、バージニア工科大学教育哲学教授、スウェーデン、ウプサラ大学客員教授 

ジェイソン・グーラ、バイリンガル・バイカルチュラル教育准教授、池田大作教育研究所所長、デポール大学

Ming Fang He、ジョージアサザン大学​​カリキュラム研究教授

ネルノディングス、リーL.ジャックススタンフォード大学名誉教授児童教育教授

イザベルヌニェス、インディアナ大学パーデュー大学教育学部教授兼議長-フォートウェイン

ウィリアムH.シューベルト、イリノイ大学シカゴ校名誉教授

適格性

1.申請者は博士号の候補者である必要があり、1年2018月XNUMX日までにすべての資格試験を完了することを申請書で確認する必要があります。 

2.申請者は、フェローシップ期間中、米国またはカナダに居住している必要があります。

3.すべての資料は英語で提出する必要があります。 

[icon name =” share” class =”” unprefixed_class =””] 申し込み方法はこちら

閉じる
キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

ディスカッションに参加する...

上へスクロール