広島・長崎の博物館が被爆の実相を伝える取り組みを強化

金子礼人

(転載: 共同通信 – 4 年 2022 月 XNUMX 日)

広島が77年に米国によって投下された原爆の1945周年を土曜日に迎える準備をしていると、広島の住民の何人かは英語を磨き、外国の訪問者に攻撃の恐ろしい荒廃を説明するフレーズを練習している.彼らが最終的に戻ってきたら。

このイニシアチブは、XNUMX月に広島平和記念資料館の後援の下で開始され、準備に数か月かかりました。 広島の被爆体験に興味を持った外国人観光客からの質問に地元の人が答えられるようにすることを目的に、市内の原爆慰霊碑などで行われる一連の会話シナリオを提供します。

この措置は、COVID-19 パンデミックによってもたらされた特別な課題に市が適応してきた方法の 2020 つにすぎません。COVID-XNUMX パンデミックは、XNUMX 年以降人の移動が減少したため、核兵器のない世界を追求する活動を著しく妨げてきました。 、日本国内および海外からの両方。 広島が攻撃された数日後、米国が核攻撃の標的にしたもうXNUMXつの日本の都市である長崎は、同様の問題に取り組んできた.

反核のメッセージを伝えることがいかに難しくなったかを示す主な例の XNUMX つは、広島博物館や長崎の同様の施設への訪問者が劇的に減少したことです。

3 年 2022 月 XNUMX 日に撮影された写真は、広島の原爆ドームを示しています。 (写真提供:共同通信)

XNUMX つの博物館は、爆撃にさらされた物体を含む詳細な展示で、爆撃の荒廃と余波を研究する場所を提供してきました。 過去には観光客だけでなく海外の要人も訪れており、外国人や日本国内の市民とのコミュニケーションを図るための都市戦略の重要な役割を果たしてきました。

かつて広島博物館は年間1万人以上の来館者を迎えていたが、329,000年度には約2020万人、406,000年度には約2021万人に減少した。一方、長崎原爆資料館は年間600,000万~700,000万人の来館者を迎えていたが、一部しか受け入れていなかった。 310,000年度は2021万人。

新型コロナウイルス感染症以前は、被爆者による講演会や海外での展示会なども行っていたが、新型コロナウイルス感染症による渡航制限により、これらの活動は困難を極めた。

核戦争の可能性に対する懸念が高まり、ウラジーミル・プーチン大統領がロシアがウクライナでの戦争を起訴する際にロシア自身の武器を使用するという亡霊を提起したときに、交流の機会が失われました。

広島博物館の副館長である細田益博氏にとって、脅威は「原爆の現実を伝えるという私たちの使命がますます緊急になっている」ことを意味します。

XNUMX 月にウィーンで開催された核兵器禁止条約の第 XNUMX 回会合に出席した XNUMX 市の市長も、同様の切迫感を表明し、世界から核をなくすための行動を訴える際に、ロシアの核の脅威を引き合いに出しました。兵器。

パンデミックが始まって以来、XNUMX つの博物館は被爆者による講演をオンラインで提供するようになり、広島博物館はそれに合わせて英語の字幕を準備しました。

長崎市はまた、2021 年 XNUMX 月に市の平和と原爆のウェブサイトを更新し、特に平和教育に重点を置いて、オンライン コミュニケーションを強化しました。 長崎博物館の展示品や市内の被爆遺構を紹介する映像などを収録。

一方、広島の原爆体験について外国人観光客と関わりたいと願う地元の人々に支援を提供するという広島博物館のイニシアチブは、同博物館が何年にもわたって運営してきたメッセージ プログラムの最新の進化を示しています。

海外留学を控えた高校生向けのプログラムとしてスタートし、その後、ある程度の英語力を有する一般の方向けのセミナーへと変貌を遂げました。 しかし、パンデミックにより、対面セミナーの開催が中断され、博物館が他の多くのことをより困難にしているように.

しかし、一時停止はチャンスでもありました。

現在の取り組みを担当する長平美樹さん(46)によると、16年から今年までのセミナーで配布された冊子には、原爆に関する専門知識や被ばくの後遺症など、膨大な情報が盛り込まれていた。 それに応じて英語力の要求も高かった。

現在のバージョンである 29 ページの「デジタル 教科書」は、情報を簡素化し、可能な英会話の例と日本語訳をレイアウトし、文法のヒントと豊富な英語表現を掲載しています。

資料の中には、原爆ドームや平和記念公園など、広島のランドマークの説明が含まれています。平和記念公園は、2016 年にバラク・オバマ前大統領が訪れ、核兵器による人類への脅威を概説する演説を行った場所です。

このプログラムは現在、博物館のウェブサイトに登録した後、申請者が教科書と音声データを入手できる、実質的な自己学習の取り組みです。

「(人々が)ヒロシマについての知識とそれを伝える英語力の両方を身につけてほしい」と長平氏は語った。

第二言語研究の分野でハワイの大学院に通った永平さんは、第二言語の教育と学習の課題を研究した彼女の経歴が、彼女が新しいイニシアチブの基礎を作るのに役立ったと言います。

「私はずっとこれをやりたいと思っていたので、自分の経験からそれを作成できたことをうれしく思います.

同館のアンケート調査に参加した広島県在住の30代の応募者は「誰でも知っている内容なので、海外に住む友人が広島に来ることもあり、勉強したいと思った。 会話を練習するためのリスニング教材の良い選択があります。」

閉じる
キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

ディスカッションに参加する...

上へスクロール