五大湖サミットが学校での平和教育をクリア(ウガンダ)

昨年XNUMX月にントゥンガモ地区でラジオを使って子供たちが授業に参加しました。 利害関係者は、開発と人類が確固たる基盤を持つために、政府は学校に平和教育を導入すべきだと述べています。 (写真:デイリーモニター/ファイル)

「これは、平和教育を国のカリキュラムに含める最初のイニシアチブです。 目標は、平和教育を主題として含めることです。」

フランクリン・ドラク

(転載: デイリーモニター。 9年2021月XNUMX日)

五大湖地域に関する国際会議は、教育省と国立カリキュラム開発センターに平和教育を国家カリキュラムに組み込むよう要請しました。

地域団体の関係者は、平和教育が幼児期から学習者に拡大された場合にのみ、国は責任ある平和を愛する市民を生み出すことができると説明した。

彼らはさらに、現在の断片的なアプローチでは不十分であると述べています。

昨日カンパラで平和教育者のためのXNUMX日間の研修を開いている間、外務省の地域の平和と安全の責任者であるマーガレット・ケビシ氏は、若者たちに平和と安全の文化を教え込まなければならないと代表団に語った。その開発と人類は確固たる基盤を持っています。

「この地域に平和と安全がなければ、平和が開発のバックボーンであるため、開発や他のプロジェクトなどの他のすべてのものを離陸させることはできません」と彼女は言いました。

彼女は、優しい年齢の市民の間で平和と安全を擁護することにあまり注意が払われていないので、国は厳しい時代を経験していると言いました。

「これは、平和教育を国のカリキュラムに含める最初のイニシアチブです。 目標は平和教育を主題として含めることです」と彼女は言いました。

国家平和教育の専門家であるダンカン・ムグメ氏は、平和教育プロジェクトが開始されてから過去10か月間、すべての利害関係者を集めることに焦点が当てられてきたと述べた。 これは、専門家の全国的なプールを確保するために行われたと彼は付け加えた。

小中学校や高等教育機関の教師は、平和教育のマントルを取るために準備されているものの中にあります。

「私たちはすでに約20人の平和アクターと他の利害関係者を集めましたが、それでも私たちは平和教育について話し始めるフォーラムを作成するためにさらに追加しています。そして今、私たちはXNUMX人から話すことができるようにトレーニングを行っています視点を持ち、一方向に移動します」と彼は言いました。

ムグメ氏は、さまざまな研究がウガンダの最大の課題は国のカリキュラムに平和教育がないことであることを示していると述べた。

その結果、彼は教育省と国立カリキュラム開発センターに平和教育シラバスのプロセスをスピードアップするように要求しました。

「今、私たちの子供たちを見ると、彼らの多くは紛争への対応方法を知りません。 多くの人が自分たちのやり方を交渉する方法を知らないので、彼らが平和教育に紹介されることが重要であると私たちは考えるのです…」と彼は結論付けました。

最初にコメントする

ディスカッションに参加する...