国連平和大学(コスタリカ)での全額出資の修士号/修士号アジア平和構築者奨学金

UPEACEのロゴ

(転載: 平和大学)

[icon name=”share” class=”” unprefixed_class=””] 詳細とお申し込みはこちら

Asian Peacebuilders Scholarship(APS)は、 日本財団、平和大学(UPEACE)、および アテネオデマニラ大学 (AdMU)。 このプログラムの目的は、アジアの若い専門家を訓練して平和構築の実践者になり、世界中の組織で主導的な地位を占める準備を整えることです。 特に、このプログラムは、アジアの問題に精通したアジアの専門家の代表を強化するのに役立ちます。

このプログラムは、英語力の低い専門家の参加を促進するための集中的で専門的な語学研修を提供し、コスタリカとフィリピンの両方で勉強できるようにします。 学者は、平和構築に関連する分野で平和大学(UPEACE)から文学修士号を取得し、アテネオデマニラ大学(AdMU)から社会開発の科学修士号を取得します。

奨学金の利点

APSプログラムに参加するために選ばれた学生は、授業料、航空運賃、トランジット、およびすべてのプログラムコンポーネントのビザ費用をカバーする完全な奨学金と毎月の奨学金を受け取ります。 このプログラムは、コホートごとに最大30人の学生を促進します。

プログラムの概要

APSは、アジアの若い専門家を対象とした集中的な学術研究プログラムです。 学術研究はコスタリカとフィリピンで行われ、次の要素で構成されています:1)集中的な言語学習コンポーネント、2)UPEACEのMA、3)社会開発のAdMUのMS、4)プログラム要件の完了。

この18.5〜21.5か月のプログラム(英語能力による)は、 March 2020 そして、XNUMXつの用語で完了する必要があります。

1. 2020年1月からXNUMX月(フィリピン)、英語モジュールXNUMX:中級英語トレーニング

中級レベルの英語能力を持つ受け入れられた申請者は、英語トレーニングのこの最初のモジュールに参加します。

2. 2020年2月からXNUMX月(フィリピン)、英語モジュールXNUMX:上級アカデミック英語トレーニング

英語力の高い志願者は、モジュール2を無事に修了した学生と一緒に、英語モジュール1からプログラムを開始します。

3. 2020年1月からXNUMX月(フィリピン)、モジュラーMSコースワーク、第XNUMXレグ

4. 2020年2021月-XNUMX年XNUMX月(コスタリカ)、専門MAコースワーク

学生は、UPEACEが提供するSpecializedMAプログラムのXNUMXつで勉強を続けます。

研究分野は次のとおりです。

  • 平和と紛争研究
  • 国際法
  • 環境と開発

5. 2021年2月からXNUMX月(フィリピン)、モジュラーMSコースワーク、第XNUMXレグ

参加者は、主にフィリピンでプログラム要件を完了します

モジュラーMSコースワーク、第3レグ

6. 2021年XNUMX月中旬(フィリピン)、卒業

こちらをクリックしてください。 APSのアカデミックコンテンツを詳細に確認します。

学生プロフィール

申し込みはアジア中の学生から受け付けられ、次のような学生が優先されます。

1.関連分野で2年以上の実務経験がある。 実務経験の少ない優秀な候補者は、ケースバイケースで参加を検討されます。 プログラムに関連する場合、自発的な仕事、インターンシップ、学生の活動は、仕事の経験と見なされる場合があります。

2.評判の良い機関から学士号を取得します。

3.平和と紛争に関連する問題に取り組みたいという切実な願望を示します。

4.国際的で多文化的な環境での学習への取り組みを示します。

5.英語が広く話されていない国、特に日本、ラオス、タイ、ベトナム、ミャンマー、インドネシア、カンボジア、スリランカ、フィリピン出身です。

訪問

募集要項

2020/2021年度(APS 14)の申請期間が始まりました。 申し込みの締め切りは16年2019月XNUMX日です。  

[icon name=”share” class=”” unprefixed_class=””] 詳細とお申し込みはこちら

最初にコメントする

ディスカッションに参加する...