書評 – 人々のために: 米国における平和と正義のための闘争のドキュメンタリー史

人々のために:米国の平和と正義のための闘争のドキュメンタリー史、Charles F. Howlettt および Robbie Lieberman 編集、Charlotte、ノースカロライナ州、Information Age Publishing、2009 年、351 ページ、US $39.09 (ペーパーバック)、US $73.09 (ハードカバー)、ISBN 978-1-60752-305-5 (ペーパーバック。 )

[icon name=”share” class=”” unprefixed_class=””] 詳細については、Information Age Publishing にアクセスし、「For the People: A Documentary History of the Struggle in the United States」を購入してください。

編集者メモ: このレビューは、世界平和教育キャンペーンによって共著されたシリーズの1つです。 Factis Paxでは:平和教育と社会正義のジャーナル 平和教育奨学金の推進に向けて。 これらのレビューは 情報時代出版の 平和教育シリーズ. 2006 年に創設編集者の Ian Harris と Edward Brantmeier によって設立された IAP の平和教育シリーズは、平和教育の理論、研究、カリキュラム開発、実践に関するさまざまな視点を提供します。 これは、主要な出版社が提供する唯一の平和教育に焦点を当てたシリーズです。 この重要なシリーズの詳細については、ここをクリックしてください.

Fまたは人々 植民地時代以前から現在に至るまでの米国史における、平和と正義のための闘争と努力に関する本です。 各章は、歴史の簡単な紹介で始まり、一次資料と読者、特に学生が各歴史文書のさまざまな問題について議論するための質問がいくつかあります。 平和と正義のためのさまざまな問題に関する写真もあります。 米国の平和史における最も重要な著作に関する参考文献のリストは、学生や読者がさらに調査するのに役立ちます。

内容は、ラリー・ウィットナーによる「序文」、「序論」、「植民地時代以前から新しい国家の創設までの平和と正義の初期の形態(第1章)」、「戦前における組織化された運動と正義の探求」からなる。アメリカ」(第2章)、「拡大の時代に抑圧された人々のために立ち上がる」(第3章)、「20世紀初頭の平和への取り組みと「近代的」運動」(第4章)、「過激な平和主義と経済的および人種的正義」 」 (第 5 章)、「平等と軍縮のための非暴力直接行動」(第 6 章)、「帝国主義に抗議し、民主主義を促進する」(第 7 章)、「広範な議題」(第 8 章)、「結論」に続き、 「写真」と「参考資料」。 コンテンツには、平和運動だけでなく、アフリカ系アメリカ人、ネイティブアメリカン、労働者、女性、移民などの人権をめぐる闘争も含まれています。 環境と持続可能な開発の問題に取り組む運動も紹介され、平和教育の重要性も紹介されており、この本は平和と正義の研究を包括的にしています。

「はじめに」では、「平和と正義のための運動は、中等学校や大学の調査コースではまだほとんど注目されていない」と指摘されています (xxi)。 学生だけでなく、多くのアメリカ人や国際的な読者も、この本を読むことで、アメリカの闘争と平和と正義への取り組みについて初めて知ることができるでしょう。 平和と正義を求める運動はメディアで報道されないことが多く、そのような歴史は多くの国で学校の教科書に十分に記載されていません。 したがって、平和と正義に向けた米国民の取り組みについてもっと知ることは、米国内外の読者にとって目を見張るものであり、励みになります。 核兵器などのさまざまな問題について、国によって考え方が異なるため、この本は海外で読むべきです。 たとえば、多くの日本人は、多くのアメリカ人も核兵器廃絶のために熱心に取り組んでいることを知らないかもしれません。 日本人がこれについてもっと知ることは勇気づけられる。そうすれば、彼らはアメリカ人とのより大きな連帯を感じるかもしれないからだ。

この本では、平和と正義の問題に対処するための非暴力的で平和的な方法に重点が置かれています。 多くの読者は、力を使わずに問題に対処するこれらの代替方法から多くのことを学ぶことができます。 この本は、平和と正義のための個人の努力の重要性だけでなく、団結した人々による行動の力も示しています。 関心のある市民は、この本からさまざまな社会的および政治的問題に何をすべきか、そして具体的にどのように対処するかを学ぶことができます。

素晴らしく考えさせられる本ですが、バーバラ・レイノルズ (1915 – 1990) のような他の平和の指導者が本の次の版で紹介されれば、さらに有益です。 レイノルズとその家族は、1958 年に太平洋での水爆実験に抗議するために「フェニックス号」を航海しました。レイノルズの夫、船長のアール・レイノルズ博士は逮捕されました。 彼女の家族は、XNUMX人のクエーカー教徒が太平洋でのアメリカの水爆実験に抗議しようとした「ゴールデン・ルール」と呼ばれるヨットの影響を受けたが、逮捕されたことが本で紹介されている 人々のために。 その後、バーバラ・レイノルズは7年1965月1975日に広島にワールドフレンドシップセンターを設立し、多くの国の人々が出会い、経験を共有し、平和について考えることができる場所を提供しました。 したがって、彼女の作品はこの素晴らしいテキストに含める価値があります。 さらに、オハイオ州のウィルミントン カレッジにあるピース リソース センターも注目に値します。このセンターは XNUMX 年にバーバラ レイノルズによって設立されたからです。 レイノルズを含めることで、作品にジェンダーの側面が追加されるだけでなく、アメリカ人がアメリカ国内外の平和運動にどのように影響を与えたかについての議論が行われます。

また、本の中で平和と正義研究協会 (PJSA) が紹介されるとよいでしょう。 これは、その Web サイトによると、PJSA は「平和と紛争研究の分野の学者のための専門家団体としての役割を果たしているためです。 PJSA は、学者、教育者、活動家を集めて、暴力に代わる方法を探り、平和構築、社会正義、社会変革のためのビジョンと戦略を共有することに専念しています。」 PJSA の参加は、この社会が今日の平和と社会正義の問題に取り組む現代の社会運動に積極的に関与しているため、研究を現在に拡大します。

結論として、この本は、世界中の多くの読者、特に社会科やアメリカ史を学んでいる学生や、平和と紛争の研究を学んでいる学生にとって非常に良いものです。 この本が多くの言語に翻訳されれば、平和研究の世界的な分野にも積極的に貢献するでしょう。

山根和代
立命館大学
ky5131jp@fc.ritsumei.ac.jp

閉じる
キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

ディスカッションに参加する...

上へスクロール