教育は平和のための私たちの最大の「ソフトパワー」です

(転載: ユネスコ。 20年2017月XNUMX日)

20年2017月72日、国連総会の第XNUMX回会合の余白で、ユネスコ事務局長のイリナ・ボコバが「平和のための教育を行う」というハイレベルのサイドイベントに参加しました。

ルーマニア大統領が主催し、クラウス・ヴェルナー・イオハニス氏が司会を務め、国立政治学部長のイゴール・レムス・プリコピー氏が司会を務め、モルドバ首相のパヴェル・フィリプとルーマニアの外相テオドル・メレスカヌ、そして元アフガニスタン人が参加しました。ハニーフ・アトマール教育大臣とデビッド・マローン、UNUの学長。

ヨハニス大統領は、「平和のための教育は、私たちの国の将来に対する私たちのビジョンの鍵となる石です」と述べました。

大統領は、紛争予防と平和構築の中心にある平和と市民教育のための教育を、すべての子供たちの人権として求めました。

フィリップ首相は次のように明確に述べています。「安全対策は紛争やテロを防ぐのに十分ではありません。特に緊張した状況では、子供たちの権利と完全な発達を支援する教育から始まる包括的な対策が必要です。」

「教育はすべての開発に持続可能性を提供する基本的人権です。それはまた、平和のための私たちの最大の「ソフトパワー」力であり、暴力的な過激主義を防ぎ、尊敬と寛容を促進する力です」と事務局長は宣言しました。 「これが、教育が持続可能な開発のための2030アジェンダの中心にあり、すべての目標に不可欠な独立した目標である理由です。」

「今日の教育は、読み、書き、数えることを学ぶことだけではありません」と事務局長は言いました。 「すべての世代が独自の課題に直面しています。今日の私たちの課題は、インクルージョンと平和の価値を促進し、人権、地球市民権、寛容に基づく新しい形の連帯を構築することです。」

「これは学校のベンチから始めなければなりません」とイリナ・ボコバは結論付けました。

ハニーフ・アトマール前大臣が言ったように、「テロが子供たちに教えるのを防ぐために、私たちは平和を教える必要があります」。

平和教育は、基本的権利としての平和教育の概念から始まり、ユネスコや他の国連機関の主要な優先事項の6つになっています。 ユネスコは、教師のトレーニング、教育計画、メディアリテラシー、若者向けのリテラシーを通じて、全面的に行動しています。 これには、差別や反ユダヤ主義と戦うためのホロコーストやその他の虐殺の歴史の指導、000 000 XNUMX人の女性と男性にスキルを提供するアフガニスタンでのユネスコのリテラシープログラム、サハラ以南のアフリカ諸国との教育を通じて暴力的な過激主義を防ぐ能力開発が含まれます。 、西アフリカとサヘル。 さらに、若い女性と男性のための教育とスキルは、メキシコ、南スーダン、ウガンダのユネスコ平和和解特使であるフォレストウィテカーとのユネスコの取り組みの中心です。

「ペンは私の剣であり、カブールのAysweha–Durrani GirlsSchoolに刻まれた少女です。これが私たちのメッセージです」とIrinaBokova氏は述べています。

(元の記事に移動)

閉じる
キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

「教育は平和のための私たちの最大の「ソフトパワー」です」についての 2 つの考え

  1. この投稿をありがとうございます。 今日は国際非暴力デーです。 平和と非暴力の基盤の上に構築された文化に私たちの文化をシフトする方法を模索することに私たち全員が努力を集中する必要があるので、私たちは今まで以上に平和教育の絶対的な必要性を見ています。 ガンジーが言ったように…..

  2. この投稿をありがとうございます。 今日は国際非暴力デーです。 平和と非暴力の基盤の上に構築された文化に私たちの文化をシフトする方法を模索することに私たち全員が努力を集中する必要があるので、私たちは今まで以上に平和教育の絶対的な必要性を見ています。 ガンジーが言ったように…..

ディスカッションに参加する...

上へスクロール