平和、人権、社会正義のための教育における変革機関の概念化

変革機関

[icon name =” share” class =”” unprefixed_class =””]この記事を読んで、無料でダウンロードしてください。 国際人権教育ジャーナル

モニシャ・バジャジ。 (2018)。 「平和、人権、社会正義のための教育における変革機関の概念化」 人権教育の国際ジャーナル、2(1)。

抽象

「エージェンシー」の概念は、パウロ・フレイレの教育理論から導き出された多くの解放的な教育形態の中核にあり、学習者の批判的な意識を高め、前向きな社会変化のために行動するための知識、スキル、ネットワークを備えています(Freire、1970 )。 エージェンシーという用語は、さまざまな行動や行動を指すために、さまざまな分野で広く使用されています。 この記事では、平和教育、人権教育、批判的民族研究、社会正義教育などの教育プロジェクトの中心にある変革機関の概念について説明します。 これらの教育的介入は、ストライキ、大規模な学生の動員(Solorzano&Delgado Bernal、2001)、および/または異なる状況で教育政策立案者に圧力をかける社会運動(Bajaj、2012)を通じてしばしば争われ、勝ち取られてきました。 この記事は、学者や実務家に彼らの従事する仕事のための重要な洞察を提供するために、より大きな理論的および概念的次元内に変革機関を位置づけています。 以下のセクションでは、関連する奨学金におけるエージェンシーの議論の概要を示し、平和、人権、社会正義教育の分野における変革的エージェンシーの概念モデルを提示します。

著者紹介

Monisha Bajajは、サンフランシスコ大学の国際多文化教育の教授です。 彼女はまた、ネルソンマンデラ大学の客員教授であり、南アフリカの高等教育変革における批判的研究の議長を務めています。 Bajaj博士は、XNUMX冊の本の編集者および著者であり、最近では、 人権教育:理論、研究、実践 (ペンシルベニア大学出版局、2017年)、および多数の記事。 彼女はまた、特に平和教育、人権、いじめ対策、持続可能性に関連するカリキュラムを、非営利団体やユニセフやユネスコなどの政府間組織向けに開発しました。 2015年、彼女はAmerican Educational Research Association(AERA)のDivisionBからEllaBaker / Septima Clark Human Rights Award(2015)を受賞しました。

[icon name =” share” class =”” unprefixed_class =””]この記事を読んで、無料でダウンロードしてください。 国際人権教育ジャーナル

閉じる
キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

ディスカッションに参加する...

上へスクロール