平和教育を学校カリキュラムに組み込むよう訴え(ナイジェリア)

(転載: 保護者。 9 年 2023 月 XNUMX 日)

マイケル・アキナデウォ著

コラウォル・ラヒーム教授は、平和教育は世界的にもっと真剣に受け止められるべきだと述べ、平和教育を学校カリキュラムや非公式学習に主流化するよう求めた。

「学校カリキュラムと非公式学習への平和教育の主流化」をテーマにしたアフリカ難民財団(AREF)の講演でラヒーム氏は、平和教育を文化的、精神的に地球規模の日常生活に関連付けるために文脈化する必要があると主張した。同氏は、平和そのものはとらえどころがなく、非常に複雑だと述べ、どの社会もその好みに従って平和を定義していると指摘した。

「これまでのところ、平和教育は主に紛争解決スキルを学ぶものとして捉えられています。また、持続可能な開発を追求する上での優先事項ともみなされていません。私たちは今でも、紛争に対処して日常生活を続けるだけで十分だと考えています。しかし、この世界の大陸各地で起こっている出来事は、暴力行為がさらに横行し、さらに多くの罪のない命を奪っていることを示しています。

「国家間および個人間の競争は非常に憂慮すべきものになっています。学校の生徒であっても、生徒や教師の命を奪う暴力行為の加害者です。」

リーダーシップをめぐる政治的競争は戦争だ。私たちが文明について語れば語るほど、いわゆる現代の男性/女性によって推進されている野蛮なことが見えてきます。

「この泥沼から抜け出す方法は、各国が教育者を活用して、学校での教育と学習に合わせた目的を持った平和教育を考案することだ。科学や他の科目と同じように、学校のカリキュラムの一部でなければなりません」と彼は言いました。ラヒーム氏は、子供たちを含むすべての人に、紛争に対処する方法だけでなく、紛争を防ぐ方法も教えることの重要性を強調しました。

「つまり、平和教育のスキルは学校と家庭の両方で教えられなければならないということです。平和教育をカリキュラムに組み込むことは、世界平和を維持する方法についての私たちの考え方と取り組みに必要な根本的なパラダイムシフトにとって非常に重要です。」

コラウォル・ラヒーム教授

「つまり、平和教育のスキルは学校と家庭の両方で教えられなければならないということです。平和教育をカリキュラムに主流化することは、世界平和を維持する方法についての私たちの考え方と取り組みに必要な根本的なパラダイムシフトにとって非常に重要です」と彼は付け加えた。

ラヒーム氏は、平和教育を学校カリキュラムに組み込むことは、世界平和を維持する方法についての考え方や取り組みに必要な根本的なパラダイムシフトにとって非常に重要であると述べた。同氏は、ナイジェリア周辺で暴力や殺害をもたらす活動が起こっているのは平和がないためだと指摘した。

彼によると、今日の現実世界では、戦争がないことは平和ではありません。

「私たちは戦争を、国家、政府、社会、または傭兵、反政府勢力、民兵などの準軍事組織間の激しい武力紛争としてのみ見ています。それは一般に、正規または非正規の軍事力を使用した極端な暴力、破壊、死亡を特徴としています。

「世界は混乱の中にあります。どこでも戦争があります。私たちには激しい武力紛争の前兆となる戦争があり、社会における大規模な武力衝突を防ぐために意図的に対抗しなければならない戦争がある」と彼は付け加えた。

同氏は、ナイジェリアでは平和が失われているため、ますます多くの人々、特に若者が気分を良くするためにハードドラッグに依存しており、その行為が暴力や戦争を助長していると嘆いた。

「戦争を防ぎ、平和を維持したい社会は、社会のために目的を持った平和教育を体系的に構築する必要があると私は信じています。それは、すべての人に対する目的を持った公式および非公式の平和教育の形でなければなりません」と彼は述べた。

また講演でアデバヨ・オロウォ=アケ氏は、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)における民主主義の段階的な逆転が暴力、国内避難民、不法移民を引き起こしていると述べた。同氏は、ECOWAS諸国が軍事政権やその他の憲法違反の政権交代を逆転させた2000年代の成果が消えつつあるようだと嘆いた。

キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

上へスクロール