アンゴラは人権教育に取り組むことを約束しました

アンゴラ州法務長官、イザベル・トメンタ(写真:ホアキナ・ベント)

アンゴラは人権教育に取り組むことを約束しました

(原著: Agencia Angola Press、11年2016月XNUMX日)

(ルアンダ、アンゴラ)法務人権省は、アンゴラの人権教育に関して高等教育省およびその機関と協力して忙しいと、法務長官は述べています。

法務長官のイザベル・ドス・サントス・トルメンタは、人権の実施を調和させる上での国連の役割に関するワークショップの開会式で講演しました。

当局は、この問題は、アフリカ連合とアフリカ諸国が人権への主要なコミットメントの実施に焦点を合わせて行った努力と一致するため、重要であると考えました。

このイベントは、加盟国による国際的な法的文書の実施と執行における国連の監視の役割の重要性を強調していると当局者は述べた。

彼女はまた、ワークショップは、人権の分野におけるアンゴラとノルウェーの間の協力と、アンゴラにおける人権問題に関する教育の実施を実現することを目的としていると述べた。

アンゴラでの人権問題の実施を促進するために、当局者は、法務人権省がノルウェー大使館との協力の議定書に署名したと述べた。

彼女によると、高等教育機関に人権の主題を導入することを目的とした人権教育に関するプロジェクトがあります。

その意図は、国の憲法に含まれている問題について市民の良心を目覚めさせることです。

次に、国際法政策研究所(ILPI)の所長であるNjal Host Maelingenは、このイニシアチブを称賛し、ノルウェー王国が協力できることを改めて表明しました。

(元の記事に移動)

閉じる

キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!

最初にコメントする

ディスカッションに参加する...