世界中の平和教育のニュース、見解、研究、政策、リソース、プログラム、イベントの信頼できる情報源とコミュニティ

平和教育のためのグローバルキャンペーン(GCPE)は、暴力の文化を平和の文化に変えるために、学校、家族、コミュニティの間で平和教育を促進する、非公式の国際的に組織されたネットワークです。

GCPE の Web サイトと e-communications は、ジャーナルや独立系メディアやマスメディア ソースから培われたオリジナルの記事、研究、ストーリーなど、世界中の平和教育の報道を提供します。 特にお勧めします 記事とイベントの提出 私たちのメンバーから。

キャンペーンの基本

概要

キャンペーンの目標

平和教育のためのグローバルキャンペーンは、世界中のコミュニティに平和の文化を育むことを目指しています。 それにはXNUMXつの目標があります。

  1. 第一に、世界中のすべての学校で、ノンフォーマル教育を含むすべての教育分野に平和教育を導入するための国民の意識と政治的支援を構築すること。
  2. 第二に、平和のために教えるためにすべての教師の教育を促進すること。
キャンペーンステートメント

世界の市民が地球規模の問題を理解するとき、平和の文化が達成されます。 紛争を建設的に解決するスキルを持っている。 人権、ジェンダー、人種平等の国際基準を知り、それに従って生活する。 文化の多様性に感謝します。 地球の完全性を尊重します。 そのような学習は、平和のための意図的で持続的かつ体系的な教育なしには達成できません。

そのような教育の緊急性と必要性​​は1974年にユネスコの加盟国によって認められ、1995年に平和、人権、民主主義のための教育に関する統合行動枠組で再確認された。しかし、そのような行動をとった教育機関はほとんどない。 今こそ、教育省、教育機関、政策立案者に約束を果たすよう呼びかける時です。

1999年XNUMX月のハーグ平和市民社会会議では、すべての教育機関への平和と人権教育の導入を促進するキャンペーンが求められました。平和に取り組む個々の教育者と教育NGOのイニシアチブは、グローバルを通じて実施されています。教育協会のネットワーク、およびユネスコの枠組みとすべての学習において平和教育を実践するために現在存在する方法と資料の多様性について教育省と教師教育機関に働きかけ、通知する市民と教育者の地域、国、地方のタスクフォース環境。 キャンペーンの目標は、世界中のすべての教育システムが平和の文化のために教育することを保証することです。

キャンペーンフォーム

キャンペーンは、公式および非公式の教育者と組織で構成される非公式のネットワークであり、それぞれが上記の目標に取り組むために独自の方法で活動しています。

このフォームにより、キャンペーン参加者は、構成員の目標とニーズを満たすことにエネルギーを集中することができます。同時に、平和のために活動する教育者の成長するグローバルネットワークを促進し、目に見えるようにすることができます。

キャンペーンは、教育者を結び付け、ウェブサイトやニュースレターを通じてアイデア、戦略、ベストプラクティスの交換を促進するのに役立ちます。

推薦

オリジナルの支持者
  • 国際教育都市協会
  • 平和のための教育者の国際協会
  • 世界平和のための教育者の国際協会
  • 国際平和局
  • 国際教師
  • 国際青年協力(ハーグ)
  • 生きている価値観:教育プログラム
  • 未来を委任する/ワールドビュー国際財団(コロンボ)
  • パンパシフィックアンドサウスイーストアジアウーマンズアソシエーション
  • ピースボート
  • パックス・クリスティ・インターナショナル
  • ピースチャイルドインターナショナル
  • 平和教育委員会
  • 国際平和研究協会
  • ユニセフ
  • 国連難民高等弁務官
  • より良い世界の国際のための青年
国および地方組織
  • Act 1 プレゼンテーション (米国)
  • アクションエイドガーナ
  • 全パキスタン友好平和評議会(全パキスタン青年団)
  • アムネスティネパール、グループ-81
  • アオテアロア-ニュージーランド平和研究財団
  • ASEPaix、AssociationSuissedesEducateursàlaPaix(スイス)
  • ASHTA NO KAI(インド)
  • Asociacion Respuesta(アルゼンチン)
  • ヨーロッパの若いアゼルバイジャニフレンズ協会
  • アサンプション大学(フィリピン)
  • Awareness One(ナイジェリア)
  • アゼルバイジャン女性開発センター
  • ビッグブラザーズビッグシスターズ-ケリービル(アメリカ)
  • 仏の光普遍福祉協会(BLUWS)(バングラデシュ)
  • 青年と子どもの権利のためのカナダ同盟(CAYCR)
  • カナダ平和教育センター
  • カナダ国際応用交渉研究所
  • CEAL- Ciudardes Educadoras America Latina(アルゼンチン)
  • CEDEM-Centre d'Education et de Developpement pour les Enfants Mauriciens(モーリシャス)
  • BK大学グローバリゼーション研究センター(セルビア、FRユーゴスラビア)
  • 人権平和研究センター(CRPS)(フィリピン)
  • ミリアム大学平和教育センター(フィリピン)
  • 平和、正義、創造の誠実さのためのセンター(フィリピン)
  • 許しと和解の研究センター(イギリス)
  • 平和研究センター(アイルランド)
  • CETAL-平和のネットワーク文化(スウェーデン)
  • CEYPA-アルバニアの市民教育青年プログラム
  • 子供と女性の権利協会(バングラデシュ)
  • 子供と平和フィリピンJMD支部
  • シティモンテッソーリスクール(CMS、インド)
  • Concord Video and Film Council (英国)
  • 平和を求める青少年 (CONYOPA、シエラレオネ)
  • フィリピンのカノッサ修道女学校
  • CosananigOrganization(ナイジェリア)
  • 紛争への創造的対応(米国)
  • 平和財団の文化(スペイン)
  • CRAGI、紛争解決とグローバルな相互依存(米国)
  • [メール保護] サラエボ–平和教育協会
  • DéveloppementRuralparlaProtection de l'Environnement et Artisanat(カメルーン)
  • フィリピンDBEAPのドンボスコ教育協会
  • バルカン平和研究所の教育(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
  • 平和教育プロジェクト(スイス、ランデッグ国際大学)
  • Educadores para a Paz(ブラジル)
  • 南の選挙研究所。 アフリカ
  • ElimuYetu連合-ケニア
  • ESR National Center Resolving Conflict Creatively Program(USA)
  • 平和開発財団(ガーナ)
  • Fundacio per la Pau(スペイン)
  • FundaciónCasaDeLaJuventud(パラグアイ)
  • Fundacion Gamma Idear (コロンビア)
  • グローバルハーモニー財団(スイス)
  • ヘルプライフ財団(ガーナ)
  • Grupa“ Hajde Da…”(寛容と平和開発のためのベルグレイド青年センター)
  • GUU財団コミュニティベースのリハビリテーション(ウガンダ)
  • ハリー運動(モーリシャス)
  • HessischesLandesinstitutfürPädagogik(ドイツ)
  • 人権委員会(セルビア)
  • ネパール人権教育アカデミー
  • 人権教育プログラム(パキスタン)
  • 人権眼と教育センター(HREEC、カメルーン)
  • イリガン平和教育研究センター(フィリピン)
  • インド平和・軍縮・環境保護研究所
  • 惑星合成研究所(スペイン)
  • 国際ホリスティックツーリズム教育センター-IHTEC(カナダ)
  • 平和のための国際ミッション(シエラレオネ)
  • 国際平和研究学会(日本)
  • International Youth Link Foundation(ガーナ)
  • 国際青年議会/オックスファムオーストラリア
  • 国際人間価値学会(スイス)
  • 平和と正義のための研究所(米国)
  • 教育平和研究所(ギリシャ)
  • Jane Addams'Peace Association Inc(USA)
  • Jigyansu部族研究センター(インド)
  • クメール青年協会(プノンペン)
  • キッズミーティングキッズ(USA)
  • ランデッグ国際大学(スイス)
  • 友情の努力のリーグ(インド)
  • 学習と能力開発(ケニア)
  • レバノン アメリカン大学平和と正義の教育センター
  • 未来を委ねる(スリランカ)
  • 多民族の子供と青少年の平和センター(MCYPC)(コソボ、FRユーゴスラビア)
  • ネパールのユネスコ協会の全国連合
  • ナルビク平和財団(ノルウェー)
  • NDH-カメルーンと草の根民主主義のアフリカのネットワーク
  • ネパール国連研究所とユネスコ
  • ネパール国立ユネスコアカデミー
  • Network Culture of Peace (CETAL) (スウェーデン)
  • Nova, Centro para la Innovacón (スペイン)
  • アフリカの角 OPIHA 平和局 (UAE/ソマリア)
  • パンアフリカン和解評議会(ナイジェリア)
  • パルバティア仏ミッション(バングラデシュ)
  • 開発のためのパートナーシップおよび交換プログラム (トーゴ)
  • Pax Christi Flanders(ベルギー)
  • PaxEducare-コネチカット平和教育センター
  • PazyCooperación(スペイン)
  • ピース2000インスティテュート(アイスランド)
  • 平和擁護者サンボアンガ(フィリピン)
  • ネパール平和教育アカデミー
  • 平和教育センター(米国)
  • 平和教育研究所(フィンランド)
  • 平和誓約連合(英国)
  • 平和プロジェクトアフリカ(南アフリカ)
  • 平和研究センター(カメルーン)
  • 平和研究所 - ダンダス (カナダ)
  • ガーナ平和解決協会
  • 人民議会(レスコバツ、ユーゴスラビア)
  • 小型武器に関するフィリピンの行動ネットワークPHILANSA
  • プラウシェアセンター(USA)
  • プロジェクト3er。 ミレニオ(アルゼンチン)
  • クエーカー平和と奉仕(英国)
  • ヒューマニズムとジャイプリスヴィのためのリサーチアカデミカ(ネパール、RAFHAJ)
  • Rights Works(USA)
  • ロバートミュラースクール(アメリカ)
  • Sakha Ukuthula (南アフリカ)
  • サマリタン公立学校(インド)
  • 世界を救え(ネパール)
  • Seminario Galego de Educacion para a Paz(スペイン)
  • Service Civil International-International Voluntary Service(SCI-IVS USA)
  • 重要な音楽(カナダ)
  • 民主改革協会 (アゼルバイジャン)
  • 人間開発学会(バングラデシュ)
  • 協会と財団のためのサポートセンター(ベラルーシ)
  • スウェーデン平和仲裁協会
  • 平和のための教育ワークショップ(デンマーク)
  • 三宝福祉協会(バングラデシュ)
  • ヴィエントスデルスル(アルゼンチン)
  • ニュージーランド国連協会
  • 国連青年財団(オランダ)
  • ユネスコEtxea(スペイン)
  • Winpeace(平和のための女性のイニシアチブ、トルコ)
  • 世界平和人権理事会(パキスタン)
  • World Voices(UK)
  • 開発と協力のための若者のアプローチ(バングラデシュ)
  • ナイジェリアの若いクリスチャン学生
  • 平和と正義のためのユース・フォーラム(YFPJ-ザンビア

歴史と成果

歴史

1999年にハーグ平和アピール会議で設立されました。

平和教育のためのグローバルキャンペーン(GCPE)は、1999年XNUMX月のハーグ平和アピール会議で開始されました。

会議の後、 平和のためのハーグアピール キャンペーンの調整を担当しました。 それ以来、 ピースボート ティーチャーズカレッジコロンビア大学の平和教育センター, グローバルエデュケーションアソシエイツ、 が待 国立平和アカデミー トレド大学の平和教育イニシアチブ。 現在、GCPEは独立して動作します。

それ以来、GCPEは、暴力の文化を平和の文化に変えるために、学校、家族、地域社会の間で平和教育を促進する、非公式の国際的に組織されたネットワークとして浮上してきました。

初期の成果 (1996-2004)

1996-2004

  • オランダのハーグで1996人の個人と組織を結集するための共同作業(1999〜 10,000年)。これにより、戦争の非暴力的な代替案を育成するために世界中で12のキャンペーンが開始されました。
  • 提供するウェブサイトを開設
    • 平和教育カリキュラム、さまざまな言語でのカリキュラムの翻訳
    • 国際ネットワークの通信チャネル
  • 15,000人を超える人々に情報とリソースを広めるためのパートナーシップの拡大
  • 以下を含む公開された教師トレーニングマニュアル:
    • 戦争を廃止することを学ぶ:平和の文化に向けて教える
    • 世界中からの平和の教訓
    • 平和と軍縮の教育: ニジェール、アルバニア、ペルー、カンボジアにおける考え方の変化
  • 国際平和教育者との年次会議(2004年はアルバニアのティラナで開催されました)
  • アフリカ、アジア、ヨーロッパ、ニュージーランド、南アメリカの教育省と提携
  • 国連軍縮局と独自のパートナーシッププロジェクトを結成し、アルバニア、カンボジア、ニジェール、ペルーの各教育省で採用されている公式および非公式の両方の環境で軍縮と平和教育プログラムを統合しました。
  • 教室、コミュニティ、国内および国際的なフォーラムで200を超えるワークショップとプレゼンテーションを実施しました。
ハーグ平和会議へのアピール

市民社会は、11年15月1999〜XNUMX日に、オランダのハーグで開催された第XNUMX回ハーグ平和会議のXNUMX周年を記念して、史上最大の国際平和会議を開催しました。

会議

18 年 1899 月 108 日。 昨年26月にロシアの若い皇帝ニコライXNUMX世が軍拡競争を止める方法を議論する国際会議を開くようにとの招待に応えて、XNUMXか国からXNUMX人の代表がハーグの美しいハウステンボスに集まりました。

市民社会は、11年15月1999〜10,000日に、オランダのハーグで開催された第100回ハーグ平和会議の400周年を記念して、史上最大の国際平和会議を開催しました。 国際平和ビューロー (IPB)、核戦争防止国際医師会議 (IPPNW)、国際反核法律家協会 (IPPNW) の呼びかけに応えて、21 か国以上から XNUMX 人近くの人々がヘーグ会議センターに集まりました。 IALANA)、および世界連邦運動(WFM)。 XNUMX日間の集会では、参加者はXNUMXを超えるパネルとワークショップで、XNUMX世紀に戦争を廃止し平和の文化を創造するためのメカニズムについて話し合いました。

このプロジェクトは、約 30 の国際機関で構成される組織委員会によって主導されました。 1999年のハーグ平和アピールの目的は、歴史上最も血なまぐさい世紀の終わりに、人類は武器に頼ることなく問題を解決する方法を見つけることができるかどうかについて、真剣かつ現実的な方法で提起することでした。そして、現在、兵器庫にあり、世界中の画板にある兵器の性質を考えると、戦争は依然として必要または合法であり、文明は別の大きな戦争を生き残ることができるでしょうか?」

参加者には、国連事務総長コフィ・アナン、バングラデシュのシェイク・ハシナ首相、オランダのウィム・コック、ヨルダンのヌール女王、インドのアルンダティ・ロイ、ノーベル平和賞受賞者など、80の政府や国際組織から数百人の市民社会の指導者や代表者が含まれていました。南アフリカのデズモンド・ツツ大司教、グアテマラのリゴベルタ・メンチュ・タム、米国のジョディ・ウィリアムズ、東ティモールのホセ・ラモス・ホルタ、英国のジョセフ・ロトブラット。

会議のビジョン

それは何世紀にもわたって最悪であり、何世紀にもわたって最高でした…

過去 99 年間で、戦争、飢、その他の予防可能な原因による死と残忍な死は、歴史上の他のどの期間よりも多く見られました。 彼らは、狂った独裁者、軍事政権、そして巨大な国際的権力闘争によって、民主主義の優しい炎が何度も消されているのを見てきました。 彼らは、地球の恵みと地球の惨めさの間の湾の広がりと、前者の後者への冷淡さの高まりを見てきました。

しかし、何年にもわたって、現在の抑圧に抵抗し、克服する人々の力、ならびにジェンダーに対するジェンダー、人種に対する人種、宗教に対する宗教、および民族グループに対する民族グループの長年の偏見を目撃してきました。 これらの年は、この惑星に住むすべての人にまともな生活を可能にする科学的および技術的知識の爆発、真剣に受け止められた場合にその可能性を現実に変換する一連の普遍的な権利の形成、および成長が許されれば、この移行を導くことができるグローバル・ガバナンスのシステム。

私たち、多くの文化や社会の領域からの人々の組織のメンバーと代表者は、今世紀の二重の歴史を念頭に置いて、私たち自身と私たちを導くことを公言する人々に次のアピールを出します:グローバルコミュニティが21世紀に移行するにつれて、これを戦争のないXNUMX世紀にしましょう。世界の膨大な資源の不平等な分配、国家や国家内のグループの相互の敵意など、紛争の原因を取り除くことによって紛争を防ぐためにすでに利用可能な方法を見つけて実行しましょう。 、そして従来の兵器と大量破壊兵器のこれまで以上に致命的な兵器の存在。 紛争が発生した場合、最善の努力にもかかわらず必然的にそうなるので、暴力に訴えることなく紛争を解決するためにすでに利用可能な方法を見つけて実行しましょう。要するに、ハーグでXNUMX世紀に開催された平和会議の作業を完了しましょう。前に、最後の世界大戦後に世界の舞台で一時的にちらついた一般的で完全な軍縮のビジョンに戻ることによって。

これには、平和のための新しい構造と根本的に強化された国際的な法的秩序が必要です。 具体的には、私たちの指導者がしなければならないことを知っているが、核兵器、地雷、および人道法に適合しない他のすべての兵器を廃止する、武器取引を廃止する、または少なくとも削減することはできないという道徳的、精神的、政治的意志を見つけましょう国連憲章に定められた侵略の禁止と互換性のあるレベルまで。 戦争のない世界への移行期間中、人道法と制度を強化する。 紛争の原因を調査し、紛争を防止および解決するための創造的な方法を開発します。 あらゆる形態の植民地主義を克服し、貧困撲滅のための軍拡競争の終焉または削減によって解放された途方もない資源を利用すること。 新植民地主義; 新しい奴隷制; そして新しいアパルトヘイト。 環境保全のために; そしてすべての人の平和と正義の利益のために。

これらの目標を追求するにあたり、戦争を廃止し、力の法則を法の力に置き換えるための最終ステップを開始することを約束しましょう。

議論と行動

議論と行動は、次のテーマによって動機付けられました。

  • 従来のアプローチの失敗
  • 人間の安全保障
  • ソフトパワー
  • すべての人権すべての人権
  • 力の法則を法の力に置き換える
  • 平和構築のイニシアチブを取る
  • ボトムアップのグローバリゼーション
  • 民主インターナショナルの意思決定
  • 人道的介入
  • 平和のための資金調達と戦争のための資金の飢餓
21世紀の平和と正義のためのハーグの議題

会議は、21世紀の平和と正義のためのハーグアジェンダ、戦争の廃止と平和の促進のための50の勧告のセットを立ち上げました。 アジェンダ(UN Ref A / 54/98)は、HAP組織調整委員会のメンバーと数百の組織および個人の間の集中的な民主的プロセスから形成されました。 アジェンダは、市民社会組織と市民が21世紀の人類が直面する最も重要な課題のいくつかを考慮していることを表しています。 それはXNUMXつの主要なストランドを強調しています:

  •  戦争の根本原因と平和の文化
  •  国際人道および人権法および制度
  •  暴力的な紛争の防止、解決、および変革
  • 軍縮と人間の安全保障

「ハーグアジェンダ」をダウンロードする

ティラナカンファレンス&ティラナコール

ティラナコールは、「平和教育を通じて民主主義を発展させる:暴力のない世界に向けて教育する」という会議の重要な成果です。 2004年XNUMX月にアルバニアのティラナで開催されました。

この呼びかけは、平和教育をあらゆる形態の教育に統合することへの誓約であり、1995年のユネスコ行動枠組へのコミットメントです。 国連世界人権宣言; 児童の権利条約; 女性、平和および安全に関する安全保障理事会決議1325; そして21世紀の平和と正義のためのハーグの議題。

これは、パレスチナ、ペルー、ニジェール、シエラレオネ、カンボジアの教育省と、国連事務次長兼最貧国、内陸開発途上国、小島 Develop開発途上国のアンワルル・K・チョウドリー国連代表大使によって承認されました。州; 国連武装解除局のマイケル・カサンドラ。

ティラナの平和教育の呼びかけ

ティラナ会議

親愛なるハーグのアピール、

私たちは最近、アルバニアのティラナで開催された会議を成功裏に終えました。この会議では、教育関係者のグループが教育省の代表者とともに集まり、平和教育のためのティラナの呼びかけを行いました。 これをあなたの同僚に配布し、投稿していただければ幸いです。

会議参加者の多様性は素晴らしかった。 将来どこにいても明らかにリーダーシップの一部となる注目に値する若者がいました。 私たちには政府関係者と非政府関係者がいて、国連の代表者、女性と男性、北と南、すべての大陸が代表されていました。 私たちは、平和教育のためのグローバルキャンペーンに参加した人々を新しい人々と、そして国連軍縮局との独自のパートナーシップからのXNUMX人のパートナーと一緒に集めました。 今、私たちはカンボジア、ペルー、ニジェール、アルバニアのプログラムで働き続ける新しい友達ができたので、彼らは専門的なリソースで維持することができます。

また、アンワルル・チョウドリー次官、国連DDAのマイケル・カサンドラによるスピーチ、ベティ・リアドン教授からの挨拶、参加者のリスト、そして私からのメッセージもご覧ください。

ハーグ平和アピールの活動に引き続き関心を持っていただき、さらに重要性が増しているこの世界の平和へのあなた自身の貢献に感謝いたします。

敬具
コーラワイス、社長
October 2004

カンファレンスペーパー&レポート

チーム

トニー・ジェンキンス、グローバルコーディネーター
Tony Jenkins PhDは、平和構築と国際教育プログラムおよびプロジェクトの指揮と設計に18年以上の経験があり、平和研究と平和教育の国際開発におけるリーダーシップを発揮しています。 トニーは現在、ジョージタウン大学で正義と平和の研究の専任講師を務めています。 2001年以来、彼はのマネージングディレクターを務めています。 国際平和教育研究所(IIPE) そして2007年以来、平和教育のためのグローバルキャンペーン(GCPE)のコーディネーターとして。 専門的には、彼は次のようになっています。WorldBEYOND War(2016-2019)の教育ディレクター。 トレド大学平和教育イニシアチブディレクター(2014-16); 国立平和アカデミー学務担当副学長(2009-2014); およびティーチャーズ カレッジ コロンビア大学平和教育センター共同ディレクター (2001-2010)。 2014 年から 15 年にかけて、トニーはユネスコのグローバル シティズンシップ教育に関する専門家諮問グループのメンバーを務めました。
MICAELA SEGAL DE LA GARZA、プロジェクトマネージャー

マイカ

Micaela Segal de la Garzaは、平和教育とコミュニケーションに焦点を当てた多言語教育者です。 マイカはヒューストンの総合公立高校でスペイン語コースを教えることを楽しんでいます。以前は、学生が運営する年鑑のスタッフと出版物の教員顧問を務めていました。 他の教室には、彼女が地元の自然センターで小学生の子供たちを教える素晴らしい屋外や、彼女がプロジェクトを調整するグローバル教室が含まれます。 平和教育のためのグローバルキャンペーン。 彼女は、スペインのジャウメXNUMX世大学で国際平和、紛争、開発研究の修士号を取得し、サンアントニオのトリニティ大学でスペイン語、コミュニケーション、国際研究のXNUMXつの専攻を修了した人です。テキサス。 彼女は学習を続け、 平和教育に関する国際研究所.

ケビン・ケスター、書評編集者
Kevin Kesterは、ケンブリッジ大学教育学部のAHSS Newton Research Associateであり、現在、国連での教育平和構築に関する博士号を取得しています。 2016年XNUMX月、ケンブリッジの教育学部とクイーンズカレッジでポスドク研究員として、戦争やトラウマの影響を受けた環境からの移民学生と協力する教育専門家による能力開発に関する研究を開始します。 博士号を取得する前は、韓国の大田にある韓南大学で国際関係と平和研究の助教授を務め、ソウルにある国連平和大学アジア太平洋センターで国際問題と開発教育の客員助教授を務めていました。 ケビンは、Journal of PeaceEducationを含むいくつかのジャーナルに掲載されています。 Journal of Transformative Education; 開発; と平和と紛争のレビュー; 彼は(Vandana Shivaと)「TheYoung Ecologist Initiative Water Manual:Lesson Plans for BuildingEarthDemocracy」の共著者です。
OLIVER RIZZI CARLSON、Assoc。 編集者
オリバー・リッツィ・カールソンは、国連の平和大学(UPEACE)で平和教育の修士号を取得しています。 彼は、平和の文化と平和のためのインフラストラクチャに関する若者との学習スペースを促進し、国連の若い平和構築者ネットワーク(UNOY平和構築者)の代表を務めています。 国連平和文化のXNUMX年の終わりに市民社会からの世界報告書を作成した青年チームのメンバーであるオリバーは、平和のための省庁とインフラストラクチャーのためのグローバルアライアンス(GAMIP)の積極的なメンバーでもあります。

5のコメント

  1. 私は人生の半分の間カナダの平和大学を設立したいと思っていました。それで約10年間懸命に働きました。そして、お金の力を除いて、ずっと前にそうしていたでしょう。
    (上記の「記事とイベントの送信」へのリンクは接続されていません)。

  2. こんにちはジャネットハディンズ…カナダ平和大学を設立するのに苦労していると聞いて申し訳ありません。 カナダの平和紛争研究協会(PACS-Can)に精通していますか? https://pacscan.ca/en/home/.

    壊れたリンクに関するメモにも感謝します。 修正されました。

  3. こんにちは。私の日常の仕事はエンジニアリングおよび建設プロジェクトの管理です。私の個人的な関心(独立した研究)の多くは、チーム化とプロジェクト管理全般の数学的側面に関するものです。 社会契約協定(契約)の分野では、いわゆる紛争解決のためのアイデアやアプローチがあります。 私はKBouldingのTheImageを勉強します(Tonyのその作品のレビューも読んでいます)。 ご意見をお聞かせください。どういたしまして。 TonyによるTheImageのレビューの脚注13を見て、このメモをお送りします。 最高、アリ

  4. 私はウガンダ東部トロロ地区のドナトです。ARDOCシングルマザーズプロジェクトウガンダと呼ばれる女性主導のコミュニティベースの組織と協力しています。平和構築トレーニング、リーダーシップトレーニング、職業技能トレーニングプログラムを通じて、農村部の脆弱な女性と若者に力を与え、支援しています。彼らの生活。
    私たちはこの組織/協会の一員になりたいと思っています。
    私たちのメールは [メール保護]
    Facebookのページ。 「ARDOCシングルマザープロジェクトウガンダ」

ディスカッションに参加する...