9人の日本人学生がパンデミックから生まれた平和を推進するホロコースト展示会を主催

(再投稿元: 毎日。 29年2021月XNUMX日)

投稿者:花岡陽二

さいたま—東日本に住む19人の大学生が集まってXNUMX日間の展示会を開催しました。そのタイトルは文字通り「歴史と私:ホロコーストの思い出が私たち一人一人にどのように関係しているか」を意味し、この街で開催されます。 COVID-XNUMXパンデミックの間に直面した個々の逆境がなかったら、耐えられなかったであろうディスプレイ。

このイベントは、第二次世界大戦終結10周年に合わせて15月76日から40日まで開催されました。 会場は埼玉県都大宮区大宮区。 展示はすべて日本語で、約XNUMXの説明パネル、歴史教科書、歴史的出来事を紹介する手作りのカレンダーが含まれています。 それは、過去と現在の特定の個人がホロコーストをどのように認識したかに焦点を当てています。

このプロジェクトは9年2020月19日に開始されました。これは、イベントの開始のほぼXNUMX年前です。 パネリストの一人として、東京学芸大学XNUMX年生の奥川桐里さん(XNUMX歳)がオンライン読書会に参加しました。 この本は、戦後のドイツ人が過去にどのように向き合っていたかについて書かれていました。 「記憶の文化」を中心に、XNUMX人の大学生と、ドイツ在住の歴史家・教育者である作家・岡博人氏の間で討論が行われました。

奥川はインスピレーションを得て、隣接する大宮図書館でのホワイトローズの反ナチ抵抗運動に関する本に身を投じました。 1942年に引き起こされた抵抗は、大学生によって主導されました。 コアメンバーが反逆罪で逮捕され処刑された1943年に終了しました。

もし私がその時その場所にいて、政権に立ち向かうのは正しいと結論付けていたら、私は自分の決定を守ることができただろうか?

奥川は、戦争、平和、歴史の問題に精通していると思っていました。 彼女は子供の頃広島に住んでいて、広島平和記念資料館への遠足で、原爆が投下された直後に実物大の非人間のような人間が歩き回っているのを見て邪魔されたことを覚えています。 そのような出会いの結果、大学に入学したときの彼女の夢の一つは、小学校の教師としてのキャリアを追求し、平和教育を受けることでした。

しかし、図書館に座っている間、彼女は彼女の心の中に霧が形成されているのを感じることができました。 彼女は、「正義とは何か、不正とは何か、そして誰のために決めるのか? 当時の抵抗は違法でしたが、今日の人々は彼らの行動を正当化するでしょう。 その時私がその場所にいて、政権に立ち向かうのは正しいと結論付けていたら、私は自分の決断を続けることができただろうか?」

そのような質問を議論したいという彼女の願望は膨らんでいましたが、彼女はまだ学校で良い友達を作ることができませんでした。 奥川はXNUMX月の学年の初めに大学に入学したが、パンデミックのためにすべての授業がオンラインで行われていた。 彼女は健康診断を除いて、クラスメートと直接接触する機会はほとんどありませんでした。

読書イベントの他のXNUMX人の学生パネリストが彼女の頭に浮かびました。どちらもこれらの問題に関してより多くの経験と知識を持っているようでした。 彼女はオンラインで一度だけ彼らに会ったことがありましたが、それは彼女が援助を求めるメッセージを送るのに十分でした。

奥川は、27年2020月22日に埼玉大学XNUMX年生の西山観音さん(XNUMX)に送ったメッセージとともにスマートフォンを見せてくれた。 「私はホロコーストについて研究してきました。もっと多くの人にホロコーストについて知ってもらいたいです。 来年の夏、一週間、虐殺についての特別展示「平和博物館」を開催したいと思っています。 具体的な計画はありませんが、手伝ってくれませんか?」

次に、西山は私に彼女の反応を示した。 「それは素晴らしいアイデアです。 私は入る。"

彼女には惹かれる理由があった。 COVID-2020感染がヨーロッパ中に広がっていた19年のXNUMX月からXNUMX月に、彼女はたまたま東ヨーロッパを旅行していました。 ホロコーストが彼女の主な関心事のXNUMXつだったので、彼女が日本に逃げるユダヤ人のために何千ものビザを発行した第二次世界大戦時代の外交官杉原千畝に捧げられたリトアニアの博物館のような場所を訪れるのは当然でした。

西山が数回軽く咳をしたとき、世界最悪の原発事故の現場であるチェルノブイリのツアーに参加していたのはウクライナでした。 その結果、主に非アジア人からなる彼女の仲間の観光客から「コロナ」のささやきが聞こえました。 彼女は人種差別の痕跡を感じました。それは、ヨーロッパ人は彼らの歴史とともに、そのような偏見にもっと敏感であるという印象を持っていたので、彼女に衝撃を与えました。

流行により、彼女は航海を短くし、XNUMX月下旬に日本に戻ることを余儀なくされました。 彼女は二度目の打撃を受けた。 彼女の母国は、政府がヨーロッパ諸国からの入国を禁止することを検討している段階にありました。 彼女のクラスメートと家族は、彼女に彼らを訪ねてほしくないことをほのめかしました。

若い女性は、「大学XNUMX年生のときにアウシュビッツを訪れたことがあり、ホロコーストに興味を持っていたと言えますが、それだけでした。 差別を直接体験したのは、東ヨーロッパへの旅行でした。」

西山は、インドでインターンシップを行い、パキスタンと英国を訪問するために2020学年度に休暇を取る計画を立てていましたが、COVID-19のためにすべてをキャンセルしなければなりませんでした。 彼女は途方に暮れ、「どうしたらいいのかわからなかった」と覚えています。 彼女がしたことは、インターネットをサーフィンして非営利団体である東京ホロコースト教育資料センターを見つけることであり、その活動に参加し始めました。 彼女が奥川と交際した読書イベントを後に主催したのはこの組織でした。

卒業して就職したもう一人のXNUMX年生も奥川の誘いを受け入れた。 XNUMX月、トリオは、より多くの人員を見つけることを目的として、オンラインでXNUMX回の説明会を開催しました。 彼らはさらにXNUMX人の学生が参加したいと思いました。 このようにして、もともと個人的に会ったことのないXNUMXつの学校からのXNUMX人の学生で構成される実行委員会が組織されました。

25人の新メンバーは、キュレーターを目指して早稲田大学大学院XNUMX年生の西村陽子さん(XNUMX)など、さまざまな才能を見た。 彼女は次のように述べています。「私はオンラインクラスや本を読むことにうんざりしていました。 これらはすべて情報の入力ですが、出力する場所が必要でした。」

飯野太郎さん(23)は、学習院大学修士課程20年生で、ドイツ語とドイツ文学のスペシャリストです。 井上美那さん(XNUMX)は、現在、中央大学XNUMX年生で、日本の差別について勉強していた。

昨年22月以来、グループは毎週木曜日の夜にオンラインで会議を開催し、毎日書面による文書を交換しています。 オンラインでの調整により、信州大学150年生の青木春日さん(XNUMX)が参加できるようになりました。 学校は長野県松本市にあり、大宮から西にXNUMXキロ離れています。 医療研修生として、誰と食事をすることができるか、どこに行くことができるかについて制限があります。 つまり、開場時には展示会に行かないということですが、「オンライン会議に頼らなければ参加しようとは思わなかったかもしれません」と前向きに見ています。

オンライン会議は簡単ではありませんでした。 彼らは最初にお互いを知る必要がありました、そして彼らが知ったとき、彼らは彼ら全員が異なる背景から来て、異なる考えと政治思想を持っていることを理解するようになりました。

一見小さな単語の詳細を表示することに同意するには、何時間もの話し合いが必要でした。 たとえば、現代の抑圧の例として、水俣病(1950年代と60年代のメチル水銀中毒の流行)を含めるかどうかについて意見の相違がありました。 もうXNUMXつは、ナチス時代に特定の位置に配置された場合にどのように反応するかをグループが各訪問者に決定するように求める説明パネルに関するものでした。 この場合、不和は答えの選択肢を準備するかどうかについてでした。

グループの長男である西村は、「私たちは古くからの友人ではなかったので、私たち一人一人が私たちがやりたいことを言うことができました」と要約しています。 東洋大学22年生の桜葉幸樹さん(XNUMX)は、XNUMX月に受けた言葉から「酔っ払った」と冗談を言っている。 彼は、「他の誰かの提案が私のものと衝突したとき、それがより良い展示になる限り、私は喜んで譲歩するようになりました」と言います。

奥川が一時的な平和博物館を構想し始めてからほぼXNUMX年が経ちました。 私は彼女に、彼女の心の中の霧が晴れたかどうか尋ねました。 彼女はすぐに答えました。「いいえ、そうではありません。 しかし、木曜日の会議を通して、私は「正義」が人々の間で異なることに気づきました。 今、私にとって重要なことは、正義とは何か、正しいか間違っているかをどのように決定するか、そして自分の決定を続けることができるかどうかを考え続けることであることがわかりました。 これで、「ミスト」が何であったかを言葉で表現できるようになりました。当時はできなかったことです。」

したがって、この歴史的なパンデミックを乗り越えて生きるという困難を乗り越えようと奮闘している若者たちの表現が展示されます。

閉じる
キャンペーンに参加して、#SpreadPeaceEdを手伝ってください!
私にメールを送ってください:

ディスカッションに参加する...

上へスクロール