意見

非常時から出現まで

David Korten は、COVID-19 は、私たちの信念、価値観、制度が私たちの関係をどのように形作るかを再考する前例のない機会であると主張しています。 私たちは、すべての人のために機能する世界を作成することも、もはや誰にも機能しない未来に直面することもできます。 [読み続けてください…]

ニュースとハイライト

それは規模と想像力の問題です: COVID、核破壊、気候の大惨事

ヘレン・ヤングからの手紙は、ヘレンの映画「修道女、司祭と爆弾」に焦点を当てたコロナ・コネクションズ・シリーズの以前の記事「PPPの刃とパンデミック」への返信です。 ヘレンは、COVID-19 と比較して、結果として生じる損害の規模の大きな違いと、核兵器の実存的脅威に内在する長期的な影響を明らかにしています。 [読み続けてください…]

カリキュラム

新しいカリキュラム: 世界的なパンデミックにおける危機、不確実性、テクノロジーをナビゲートする

核時代平和財団は、「世界的大流行における危機、不確実性、テクノロジーのナビゲート」という新しい 19 部構成のカリキュラムを公開しました。 これらのレッスンは、中学校の教師と保護者が、COVID-XNUMX のパンデミックの最中に学生の多くの新しい緊急のニーズに対処できるように設計されています。 [読み続けてください…]

ニュースとハイライト

植民地主義、貧困、腐敗: COVID19 パンデミック (プエルトリコ) の間、これらの悪に対処するための平和教育に関するいくつかの考え

プエルトリコの複雑なシナリオと COVID 対応を考えると、平和教育は何を提供できますか? アニタ・ユドキンは、人権と持続可能性との相互関係において、平和のための教育の一般原則に基づいて、パンデミックに対処するためのいくつかのアイデアを提示します。 [読み続けてください…]