トニージェンキンスグローバルチャレンジ
ニュースとハイライト

グローバルキャンペーンコーディネーターがピープルズチョイスアワードを獲得するために投票してください!

平和教育のためのグローバルキャンペーンのコーディネーターであるトニージェンキンスは、グローバルチャレンジ財団によって作成された教育者のチャレンジコンテストの1人のファイナリストのXNUMX人です。 トニーはピープルズチョイスアワードにも出場しています。XNUMX月XNUMX日までに投票することで、トニーの勝利を手伝うことができます。 [読み続けてください…]

活動報告

境界を越えた学生がニコシア(キプロス)に集まります

分割の両側からの生徒は、教育に関する二共同体技術委員会のイニシアチブである、壁に囲まれた都市の緩衝地帯を越えて行われたニコシアでの研究訪問に参加しました。 調査訪問は、教育を通じて平和、反人種差別、人権を促進するための幅広い機会を支援します。 [読み続けてください…]

特徴

寛容–平和の敷居

民主主義の基本的価値である寛容は、庇護希望者、難民、移民が逃げる条件の犠牲になり、悲しいことに、彼らが避難と庇護を求める国の移民政策にはほとんど価値がありません。 この投稿では、ベティ・リアドンは、1994年の出版物「寛容-平和の敷居」の根底にある原則のいくつかを、今日の大量移民の問題に適用しています。 [読み続けてください…]

アカデミックコース/プログラム

エモリー大学がグローバルな社会的、感情的、倫理的学習プログラムを開始

エモリー大学は、ダライラマトラストおよびインドのヴァナ財団と協力して、4月6日から12日まで、インドのニューデリーでエモリーの国際的なSEEラーニング(社会的、感情的、倫理的学習)プログラムの立ち上げを主催します。 SEE Learningは、幼稚園から高校までの教育、高等教育、専門教育で使用できる社会的、感情的、倫理的能力を育成するための包括的なフレームワークを教育者に提供します。 [読み続けてください…]