資金調達の機会

ブロッサムヒル財団フェローシップ

今年、ブロッサム ヒル財団は、中東の若者を悩ませることが多い暴力の連鎖を断ち切るための大胆なアイデアを持つ社会起業家に資金を提供するためのフェローシップ プログラムを開始します。 このイニシアチブにより、私たちは、戦争の影響を受けた独自のコミュニティ内で、および/またはその進歩のために革新的なソリューションを実装したい新世代の新興リーダーをサポートできることを嬉しく思います。 私たちのビジョンは、状況を最もよく理解している人々、つまり戦争の多世代への影響を理解し、明るい未来の創造に取り組んでいる若い女性と男性によって、これらの解決策が生み出され、その先頭に立つことです。 [読み続けてください…]

活動報告

平和教育、平等、エンパワーメントに関する5日間のワークショップ(インド、ディマプル)

「平和とは、直接的/個人的な暴力がなく、社会正義が存在することです。」 ヨハン・ガルトゥングによる平和のこの定義は、インディペンデント・リサーチャーのアチャン・ムングレン博士によって強調され、平和の核となる概念と平和教育の重要性について議論し、先住民女性フォーラム北東インド(Indigenous Women Forum North East India)が主催した平等とエンパワーメントに関するワークショップで議論されました。 IWFNEI)、Naga Women Hoho、Naga Indigenous Women Association(NIWA)は、22月26日からXNUMX日まで、ディマプルのダンカンボスティにあるドンボスコセンターで、ハイデラバードのヘンリーマーティンインスティテュート(HMI)と協力しました。 [読み続けてください…]

活動報告

相馬屋での平和教育セミナー(インド)

平和の重要性を認識し、KJ ソマイヤ総合教育研修研究大学は、グローバル財団と協力して、今月、平和のための教育に関する全国セミナーを開催しました。 特別ゲストで基調講演を行ったのは、ニューデリーのグローバル・ピース・ファウンデーションの創設者受託者であるサブハッシュ・チャンドラ博士でした。 彼は、世界平和と宗教的調和に対する社会的認識を生み出し、世界平和意識を発展させることに光を当てました。 [読み続けてください…]

活動報告

レポート – 平和の希望の輝き: 世界中の教育

私たちは、支配と征服、優越と抑圧によって定義される世界を目指すこともできますし、尊厳と尊敬、協力と連帯によって定義される世界を目指すこともできます。 後者の教育は、彼が学部長を務めるサンフランシスコ大学 (USF) の教育学部の中心的な目的であると Kevin Kumashiro 氏は述べています。 また、11 月 XNUMX 日に USF と池田平和学習対話センターが共催したパネル ディスカッション「希望の輝き: 世界の平和教育」のテーマでもありました。 XNUMX 人以上のベイエリアの学生、教育者、コミュニティのメンバーが参加しました。 このイベントのレポートを読んでください。 [読み続けてください…]

画像なし
意見

過激主義が学生に忍び寄る時: インドの紛争地帯に対する教育的解決策

おそらく、暴力的過激主義の最も顕著な影響は、初等教育から大学レベルまでの教育の混乱です。 ユネスコのマハトマ ガンジー平和教育研究所が発表した最近の報告書は、「インドの若者が高等教育について語る」と題して、全国の 6,000 人以上の学生の意見をまとめたものです。 紛争の影響を受けた地域の学生は、大学で成功するか、さらには入学する能力に影響を与える初期の経験を頻繁に持ち出しました。 これらの生徒は、一度に何年も小学校に通うことができず、高等教育の過酷さに対する準備ができていないと言いました。 この傾向は、私たちの調査によって裏付けられました。 調査回答者の約 12.4% が、高等教育への入学がないことを「出身地での社会不安」が原因であると考えています。 [読み続けてください…]

ニュースとハイライト

グローバルシチズンシップのために教育が必要な理由

今日、地球市民のための教育は、より平和な世界を構築するために必要なツールであり、すべての人がきれいな空気、きれいな水、食料、避難所、およびその他の基本的人権を享受する権利を確実に持っています。 ユネスコのグローバル・シチズンシップ教育は、「学習者が積極的な役割を担い、グローバルな課題に直面して解決し、より平和で寛容で包摂的で安全な世界に積極的に貢献することを目的としています。」 しかし、教育だけでは、憎しみに満ち、無知で抑圧的な個人、制度、権力構造を解消することはできません。 平和には積極的な関与が必要です。 また、世界的な不公平を削減するためのコミットメントも必要です。

30 月 1 日から 66 月 XNUMX 日まで、NGO のリーダー、技術専門家、政府、国連の関係者が集まり、次のテーマに焦点を当てた行動計画を策定します。今春、韓国の慶州で開催された NGO 会議。 [読み続けてください…]

活動報告

写真で見る平和教育(メノナイト中央委員会)

メノナイト中央委員会のグローバル家族教育プログラムは、平和教育に焦点を当てた XNUMX つのプロジェクトをサポートしています。 生徒は、多様性、許し、そして仲間間の対立を調停するために必要なスキルについて学びます。 これらのプログラムはすべて、暴力的な紛争の歴史がある場所で行われ、地元のパートナーは、非暴力を学ぶ子供たちは、変化のリーダーに成長する可能性があると信じています。 この記事では、世界中のいくつかのグローバル・ファミリー平和プロジェクトを写真で紹介します。 [読み続けてください…]

画像なし
ニュースとハイライト

悪い学生に反対する学生たちの行進 – トリニダード・トバゴ

あらゆる年齢の何千人もの子供たちが、学校での犯罪や暴力に反対するために行進しました。 約 8,000 人の学童が参加し、アンソニー ガルシア教育大臣が「平和への歩み」と呼んだ活動に参加しました。 「私たちは教室で平和の文化を促進しようとしています」とガルシア大臣は言い、「私たちは暴力、いじめ、犯罪にノーと言っています!」と付け加えました。 [読み続けてください…]